忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日は5月3日。憲法記念日ということです。
 そして,1947年5月3日からちょうど70年ということで,節目の年でもあります。経済一辺倒の日経紙も1面や社説で憲法のことを扱っております。

 日経紙の中に様々な識者のコメントの欄があったのですが(28面),そこで感心したのは,元AKBの内山奈月さんですね。よくわかっております。
 結構な識者の中には,それは憲法の話じゃねーよってことをグダグダ書いている人も居るのですが,それとは真逆ですね。言いたいことを言えばいいってわけではありません,何事も。

 で,私の現行憲法に関する考えは,このブログでもよく書いております。まあこのブログは政治的なことも宗教的なことも忌避しないという,全く商売人のセオリーに反したブログなので,さもありなんって所です。

 ほんで,一応書いておきますと,現行憲法はそれ自体まずい所は数多くないと思っております。おお~っ,ネトウヨ極右のアンタがそうだっけ?と思われるかもしれませんが,それはそうです。
 ただし,致命的にマズイのは制定過程です。押し付け憲法だということは多くの人が認める所じゃないでしょうかね。しかし,その多くの人は,良い物だから多少過程に瑕疵があってもいいじゃないか~,うまく行ってんだから今更蒸し返すなよ,こういう論理が多数だと思うのですね。
 
 法律家と呼ばれる人も多くがこういう論理です。ですが,こんな論理はクソですね。

 何故か?現行憲法の核心は,デュープロセスだと私は思っております。それは,ここで何度も例に挙げますが,憲法38条2項と31条に如実に顕れております。

 なので,現状追認OK,結果オーライ派の人に聞きたいのですが,真犯人を捕まえるためなら,拷問とか脅迫とかしていいのですかね。複数人殺した現行犯人なら,裁判せずとも殺処分してもいいのですかね。

 この2つの例は,結果オーライじゃないですか。真犯人が捕まった~めでたし,めでたし,どうせ死刑になるのだ手間が省けてめでたしめでたし~♡

 でも,そういうのはやめましょうと,憲法は国家権力をしばっているわけですな。

 なのに,憲法自体の制定プロセスに瑕疵があるのに,それは無視ってやつですかね。二枚舌じゃありませんかね。法律家でもこんなことを言う人が多くて私はホントびっくりしますわ。

 なお,瑕疵を治癒する方法はありますよ。憲法改正の発議のときに,現行憲法そのものを俎上に載せればいいだけです。そうすれば,新憲法は中身OKプロセスOK,の満点~♪になるわけですわ。

2 現行憲法が施行されたのは1947年5月3日ですが,所謂A級戦犯の方々に死刑が執行されたのは,1948年の12月23日です。現行憲法施行後も,違憲の裁判(極東軍事裁判)は行われ,違憲の判決が下され,違憲の執行がされたわけですね。

 そういえば,最近話題の共謀罪ですが,何の,大したことはありませんよ。このときに,共謀で有罪になった方は沢山居ますからね。

 てなことを書くと,日本はサンフランシスコ講和条約で,「裁判を受諾し」とあるのだからいいのじゃ~と言う人もいますが(やはり法律家も多い。),英文を見てください。これは「judgements」とあるわけですね。普通,これは判決のことです。今の民訴法だって,最終的な判断のことを「裁判」という場合だってあります(民訴法243条など)。裁判プロセス全体まで受諾したわけじゃないと十分読み取れます。
 それにそもそも,憲法よりも条約が上なのですかね。違憲の裁判も,違憲の判決も,違憲の執行も,条約でOKになる?そんな馬鹿な~。

 ま,難しいことは私にはようわかりませんけどね。

3 つーことであんまり手直ししなくていい現行憲法ですが,修正はあります。一応書いておきましょう。私は常に出し惜しみはしないのです。

・9条 全体削除
 安全保障に関することは,行政の範囲内のことですので,そもそも憲法に規定すべきことではありません。日本の憲法には,特許の話も著作権の話もありません。日本は議院内閣制を取っておりますので,民主主義のコントロールは行政に及びます。戦争をするもしないも,臨機応変に決めればよいことです。

・79条6項,80条2項の削除
  お金の話は財源あってのことです。その財源には民主主義のコントロールは及んでおります。裁判官の給料も物価に応じて減らすことができたり,人を増やす場合に給料を減らすことができるようにしておくべきですね。

・43条1項
 「衆議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織し,参議院は、都道府県を代表する選挙された議員でこれを組織する。」
 ま,これは一人一票運動とかのクソ運動のように,田舎と都会のギャップを今以上に広げようとするハゲタカどもへの対策ですね。

 あとの条項は今のままでいいのではないかと思います。

 緊急事態条項とかは要りません。そんなの憲法で定めるもんじゃありません。
 また,新しい権利だとかも不要です。新しいものはいつか古くなります。誰もそんなの要求しなくなり,そしてまた更に新しい権利が勃興したら,また改正しようと言い出すのでしょうかね。特許法の職務発明制度のように,ですかね。

 こんな所でしょうかね。
 
 まあ何にせよ,議論が起こるのは良いことです。備えあれば憂いなし,ってことですからね。
PR
1368  1367  1366  1365  1364  1363  1362  1361  1360  1359  1358 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 7 8 9
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]