忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日は,判決のアップなし,面白い知財の話題なし,ということで,小ネタ集で行きましょう。
 そういえば,この前の本家のナイトスクープでは,銀シャリの橋本くんが小ネタやってましたね。

 まずは,今週になって送られてきたパンフレットです。
 「明日の日弁連を築く会」という,何とも大層な名前の所から結構な厚みのパンフレットが送られてきました。
 そして,巻頭には,何か冴えないおっさんの写真がありました。ただ,その写真に見覚えはないのですが,その名前「村越進」というのはうっすら見覚えがありました。

 ただ,何で知っていたのか思い出せないままパンフレットを見ると,弁護士の仕事の話やら法曹養成の話やら載っておりまして,要するに来年早々に日弁連会長の選挙があるので,その選挙運動の一環のやつだったわけです。

 で,この村越進さん,顔は分からんけど,どこかでこの字は見た気がする~♫と思い出せないままパンフレットはゴミとなり,結局ググったのですが,2008年度の我一弁の会長だったのですね~♫あーこりゃこりゃ,忘れて正直スマンかった(佐々木健介風)♫

 2008年というと私がまだイソ弁の頃なので,今以上にそういう会内の政治に疎かったころですので,まあ仕方ないかなあって所です。

 で,サイクロンメモリを持つ現会長の右けんじさんは,東弁出身でしたので,今度は一弁ということで,ネゴがついたのでしょうね。
 そう!世の中の99%はプロレス!と豪語したのはこの私ですが,まさに,ブックとおりになるわけです。

 ま,私は法学部出身でもないし,弁護士になるのが小さいころからの夢でした~ってわけでもないし,所詮部外者ですので,特段出来レースがいか~んなんて言う気はありません。
 正直だれが会長になろうとあまり興味がありません。それより,前回や前々回のように,選挙が無限ループに入ってアホみたいな状況になるとバカバカしくて楽しいなあ,またそうならないかなあ~という質の悪い楽しみ方をしているだけですのでね。ムフフフ。

2 で,続いて日弁連の会誌である「偽善と欺罔」12月号です(別名「自由と正義」らしいですね。)。

 これにじつに面白いというか,だから日弁連の会長なんかに興味なくすんだよ~というような記事が載っておりました。それは,会誌の真ん中くらいに載っていた「憲法の論理と安保の論理」という本の書評です。

 ま,この本自体読んではいないのですが,書評には,「なお,著者は,明らかな唯物史観的な下部構造の叙述を意識して・・」とか,マルクス主義が好きなんだなあと思わせるに十分な記載があって,この本に対する興味を無くさせるとともに,こんなやつのこんな原稿を載せるんだから,ま日弁連自体こういう思想が好きなんだなあと思わせるにも十分の内容です。

 いやあ,いまどき流行らんちゅうか,100年遅いって感じですわな。

 ま,マルクス自体偉かったのですかねえ~?。
 兎も角も,このマルクスの思想自体,今につながる経済学者の物理学コンプレックスが如実に出てて実に面白いですよね。

 上にも出ましたが,下部構造が上部構造を決定するなんて,目に見えない重力が星の動きもりんごの落下も決定するなんていうこととそっくりです。
 実は,マルクスが活躍した19世紀というのは,所謂古典力学が黄金期を迎え,まさに古典力学で叙述できないものはない世界だったのですね。

 皆さん物理学というのが,学問の基本のように思われているかもしれませんが,実は結構歴史の浅いものです。
 所謂ピュクシスと別れ,今風の物理学たりえたのは,ラグランジェやハミルトンが解析力学を完成したころじゃないでしょうか。

 しかし,勃興したばかりの物理学(古典力学)の威力は凄まじく,戦争での大砲の弾道計算,蒸気機関の設計,大規模な土木工事の構造計算,時計などの精密機械の設計,勿論お星さまの動きまでも,その他もうありとあらゆるものが,古典力学で計算でき,そして,そのとおりの動きをしたのです。
 ですので,当時の人々,特にそういうものにセンシティブなインテリの連中にしたら,これは凄い!世界はこういう風にできていると勘違いしてもしょうがないくらいのものだったわけです。

 ご存知のようにその後20世紀になり,観測機器の進歩等により,古典力学の予想とは異なる誤差というか値がボンボン出るようになり,古典力学はある仮定の下でしか妥当しないということがわかってきました。

 でも,そのころの古典力学に強く影響を受けたものの,自然科学のような厳しい理論と観測のハードルに曝されないものは,ま,古典力学的決定論のまま突っ走ることになるわけです。
 で,日弁連の会報なんちゅう,狭い世界にも古典力学的決定論の残滓が顔を覗かせるのですねえ,ああ郷愁の冬やなあ~♫

 でも最新の経済学も最新の数学を身に纏い,擬似物理学の体はしておりますが,上記のレベルとそんな変わらないことは,ここで私が何度も説明したとおりです。
 人生は1回しかありませんし,勉強できる若い時は意外と早く過ぎるものです。勉強の対象はきちんと選んだ方が良いと思いますね~♫
PR
794  793  792  791  790  789  788  787  786  785  784 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]