忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 今年度に入り,結構よいペースかと思われた知財の判決のアップもGWを過ぎて一服という感じです。要するに,いい知財の話題がありません。

 ですので,本日はどうでもいい系の話です。

 弁護士法には,第一条第1項に,「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。」とありますので,この,人権っちゅうやつでいきましょう。

2 人権というか,基本的人権というか,それはさておき,古くヨーロッパの絶対王朝等からの種々の不利益処分が酷かったために,ある時期のある場所にて発明されたものです。
 人権というと,私なんか理系なもんで,同じ音の人絹(レーヨン)を思い浮かべてしまいますね。人権も主としてフランス生まれですが,人絹もフランス生まれで,よく似ていますなあ。

 さて,本題に戻りますと,人権ってやつは,そもそも2つの大きな矛盾というか問題点を内包していると思います。
 例えば,此の世の中,地球上にたった一人しか人間がいないわけではありませんので,或る人の人権を最大限にしようとすると,他の誰かの人権がしぼむことになってしまいます。
 司法の世界ならよくわかりますね。離婚で妻に親権を認めれば,夫に親権はないわけですし,ある会社が特許権の権利行使可能とすると,ある会社はお金をとられたりするわけです。人権自体,ゼロサムゲームと言ってよいでしょう。
 そうすると,どうなるかというと,人権に序列が生まれてくるのが必定となります。これは避けられません。

 そして,重要なのは,この序列(優劣)が必須だということです。人権に内在する構造的欠陥?と言ってもよいかもしれません。勿論,この序列をどうやって誰が決めるかということが,実際上は最大の問題なのかもしれませんが,それはここでの論点とは外れますので,また今度。ともかく,人権思想は優劣と切り離すことができない考え方だということが重要なわけです。

 さて,更に問題はあります。上記に,絶対王朝(国家)からの不利益に対抗するために発明されたのが人権だと書きましたが,それはいいとして,じゃあ実際に国家から不利益を受けたときに,どうやって救済してもらうのでしょうかね。
 誰かがそっと?スーパーヒーロー登場?いえいえ違いますよね。国家に救済を求めるしかないのです。

 国家からの不利益に対して,国家に救済を求めるしかない~,って何なんでしょうね。私人間での自力救済は禁止されておりますが,国家に対する自力救済はOKかもしれません。超法規的違法性阻却でしょうかね。でも,通常は,国家からの不利益に対して,国家に救済を求めるしかないのです。
 例えば,東電OL事件で拘束されていた方も,謝罪しろ言っていた相手は日本国のようですし(賠償の相手も日本国です。)。

 恐らくこのような問題点,人権には序列が必須,侵害者に救済を求めるしかない,は,人権の出自からしてしょうがないのでしょうね。上記のとおり,人権というのはキリスト教国で発明されたわけです。ですので,その構造自体にキリスト教の構造が織り込まれているというのも不思議ではありません。

 というのは,キリスト教も序列が必至です。聖書を読むと,異教徒と神を信じる者との間に明確な違いがあることがわかりますし,異教を信じたために,お仕置きだべ~♪ということが何度も何度も繰り返されます。また,そういうお仕置きをされても,救済の源もまた神であるということも,人権同様です。ただ,この侵害と救済の主体が同一というのは,別にキリスト教に限らず,多くの宗教で見られることですので,本質はやはり,序列(優劣)にあるんでしょうね。

3 ですので,人権というのは須らくダブルスタンダード(二枚舌)が本質ということになります。

 ということで,漸く表題の話もわかってきたと思います。つまり,人権というのは,保護されるべき良い人権と,保護されない悪い人権というのを区別するものでもあるのです。

 なので,「慰安婦発言、橋下氏の懲戒請求へ 大阪弁護士会に」ということがあっても,驚いてはいけませんし,怒ってはいけません。何せ,人権というのはそもそも,そんなものなのです。

 ね,憲法の教科書見ても,表現の自由(21条)については最大限の保護を要する旨,一応書いております。その保護の理由としては,思想の自由市場を守るんだ,民主制の根幹だ,色々あります。そして,その表現の自由の中でも,政治的表現の自由については,本来内容に関わりなく一番守らなければならないもので,それに規制がされようなら最も厳しい違憲審査基準で審査しなければならない,とも一応書いております。勿論,この橋下ちゃんに,懲戒請求をかけようなんて弁護士は,リベラル系の弁護士だと思いますので,憲法の議論なんて釈迦に説法くらい,よくわかっていることだと思いますがね。

 でも,わかりますよ~,そんな大事な政治的表現の自由でも,序列があるんですよね~♪。嫌いな奴の,そんな自由なんて認めたくないですもんね。私もそうです。いやあ,実にわかります。憲法の教科書ではぼかして書いていることが,さすがリベラル系!,よくわかってらっしゃる~♪
 「基本的人権を擁護」するはずの弁護士が,嫌いだからって,他人の基本的人権,しかも政治的表現の自由に干渉するというのは,一見すると,自分で自分の首を締めているようにしか見えなくもないのですが,いやあ教科書の行間を読んでの辣腕ぶり,頭が下がりますね。
 人権には序列があるんだ,フムフム,だから良い人権と悪い人権があるんだ,そうそう,だからいいんです!そうだそうだ,序列の理由なんて要らないんだよ,そうですよね~,嫌なやつの口を塞げばそれでOK♪,イエーイ,もっとやっちまいましょうぜ。

 勘違いしないでくださいよ,私は金権悪徳弁護士なので,誰の何の人権がどうなろうと,別に興味はありませんのでね。私が興味があるのは,人権よりも人絹の方ですので。

4 追伸 2013.5.31
 上記の橋下ちゃんに懲戒をかけようというスーパーヒーローの弁護士の方々が判明しました~。
 私のような悪徳金権弁護士にはとても真似のできないことで,素晴らしいですね~。
 
 こういうのを見るにつけ,facebookから退会していて良かったなあと思いますね,オホホホ。

5 追伸2 2013.6.5
 橋下ちゃんに懲戒請求したスーパーヒーローの人権派弁護士に何てことでしょう,一般人が懲戒請求をしたとのことです!

 人権の権威であるリベラル系の弁護士に懲戒請求しようなんて,神に唾する行為とも言えます!いやあびっくりしますねえ。

 さあ,大阪弁護士会はどうするのでしょうね~。どうもしないのかな。
PR
656  655  654  653  652  651  650  649  647  646  645 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 7 8 11
12 13 14 15 16 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]