忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。

 72日(水)10301730,日本テクノセンター主催のセミナー「判例でみる特許の進歩性判断基準と拒絶理由通知への対応ノウハウ」にて,講演いたします。

 
進歩性は,特許の論点の最重要問題です。釣りはフナに始まりフナに終わるように,特許の実務は進歩性に始まり進歩性に終わるのです。

 最近の進歩性に関する判決に沿って,特に特許庁の拒絶対応を念頭に置いて解説します。


【講演日】 7/2(水)10301730
【講演内容】
 --------------------------------------------------------------
1. 判決で見る進歩性の判断基準

  (1). 進歩性の理論

  (2). 進歩性での事実認定

  (3). 進歩性での法的判断

2. 判決から導かれる拒絶理由通知への対応ノウハウ

  (1). 事実認定の誤りをメインとする場合

  (2). 法的判断の誤りをメインとする場合

3. その他
 --------------------------------------------------------------
【講演のポイント】
・現在の進歩性の基準

・その基準を踏まえた拒絶理由通知に対する効果的な意見書等の作成


【セミナー概要】
・特許実務において大きな重要性を占め、常に最大で最難問の論点となっている進歩性判断基準について修得する講座

・判決で見る現在の進歩性の基準とその判決から導かれる拒絶理由通知への対応ノウハウを修得し、特許実務に役立てよう!

 日時: 201472日(水)10301730
 会場:日本テクノセンター研修室

住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22

電話番号 : 03-5322-5888

FAX : 03-5322-5666
 主催: ()日本テクノセンター

 セミナー詳細およびお申し込み方法等については ()日本テクノセンターWebサイトの 7月開催分セミナーのご案内」にてご確認ください。

******************************************************************
と,業務連絡はここまでです。
 
 来週のセミナーを今更~という感じなのですが,まあ大人の事情ですわ。要するに,受講者の申し込みが少なく,開催できるかどうか怪しくて,漸く正式に開催の運びとなったわけですね。

 来週の水曜日のほぼ一日,しかも数万円の受講料なので,もうちょっと早く言ってくれれば~という方もいらっしゃるとは思いますが,それは本当申し訳ない所です。
 私が講演するなんて,基本,引っ込み思案で,内向的なので,そもそもあんまり無く,あっても弁護士とか弁理士とか相手の場合が殆どです。知財部とか法務部とかの人が来られるような所での講演って基本無いのですね。

 ところが,今回,一般の方向けのセミナーですので,実はそりゃ話を聞きたい~,いつもあんだけ書いてんだから顔を見てやりたいとか,面白そうなので一遍会ってみたいとか,若い女性の方ならば一遍ムニャムニャムニャしたいとか,色々ニーズもあるかもという所だと思うのですね(飛んだ勘違い?)。

 とは言え,講師が誰かっていうのはあまりおおっぴらにしない上での受講者募集がポリシーのようですから,そこは私も理解して,今までここでの告知は控えておりました。

 そう,実はこのセミナー用のテキスト作りが,三号だったのです。いやあ結構大変だった~。セミナーの料金は結構高いのですが(私の取り分はそんな多くないです。),時間も長いし,このテキスト代と思えば,安いものかもしれませんニャー。

 ということで,残り1週もないのですが,当然今からでも申し込み可能ですので,よろしくお願いします。

 

PR
915  914  913  912  911  910  909  908  907  906  905 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8 9 11 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]