忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,昨日,全通霞が関ビルで行われた弁理士会の関東支部主催の研修です。

 2時間という丁度良い長さのものでしたので,弁理士会の隣の隣のビルに行ってきたわけです(弁理士会は霞が関ビルの裏,特許庁の裏でもありますね。)。
 
 で,内容は・・・,なかなか良かったですよ。

2 進歩性というのは,特許実務の基本中の基本ですね。そして,基本であるとともに,難しい応用問題でもあります。
 ここで何度も書いておりますが,釣りはフナに始まりフナに終わるというのと同じくらい,特許は進歩性に始まり進歩性に終わるのです。

 このブログは,最近あんまりこの進歩性に関し,真正面から取り上げることはないため,私の興味も散逸したか~と思われるかもしれません。しかし,そんなことはないのですね。やはり進歩性は気になります。
 後継ブログが見れる方は,まあそこそこ取り上げてるよね~♫という所でしょうか。

 あとは,化学・バイオ分野ということで,確かに私がよくやっている仕事の系列とは若干違う所もないこともないです。しかし,今は審判者実務者研究会と呼ばれている検討会の,化学分野のメンバーだったのですよ,この私。知ってました~?

 あれはもう7~8年も前になりますねえ。なので,まるっきり素人っちゅうわけではありませんので,ね。

3 つーことで漸く中身に行きましょう。前置きが長いのはこのブログの特徴です~♡

 進歩性の基礎に始まって,論点毎に具体的な裁判例を引いて解説していたのは非常に良かったですね。特に私は弁護士ですので,どうしても知財高裁の判決を重視し,そちらの方はよく見ているのですが,逆に特許庁の審査・審判には隙ができます。
 この特許庁と裁判所との対比~こんな視点が理解を深めてくれます。
 
 問題意識は本当,私と同様です(私の考えは,こちらの本などを見てもらえればいい話です。)。

 ただ,時間が無くて惜しむらくは,ここはちょっと深く聞きたかったなあという所がさらっとだけという所がありました。例えば,設計変更の所です。実質的にはスライドが1枚きりだったので,おおもう終わり??って感じでした。
 そういう所がちょっと残念でしたね。

 主催者によると去年やって好評だったということで,今年もやることにしたらしいです。それは分かります。

 講師は関西が地場の先生ということで,東京で講師をする機会があまりないのですね。そういうこともあり,実に良い研修というわけでした。
 おおー私にしては珍しく殆ど褒めてばかりでしたねえ。

4 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日はここ山本橋に来ております。
 
 ちょっとどんよりの天気もさることながら,桜の葉っぱに注目です。もう紅葉って言ってよいのではないかと思いますね。
 秋深し~♫ですね。今日で10月も終わりですし。

 あ,8月9月のまとめと異なり,10月のまとめはきちんとその月が終わったあとにやりますので。

 ちなみに,一週間前の10/23,台風一過での同じ場所はこんな感じでした。
 
 空の色が違うので,かなりそれに引きずられてしまいますけど,葉っぱの色はまだまだ青いです。それがこの1週間で,上記のとおりです。
 季節というのはデジタルに変わるのだなあというのがよくわかりますねえ。

PR
1464  1463  1462  1461  1460  1459  1458  1457  1456  1455  1454 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 7 8 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]