忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日は日曜でお休みなのですが,日経の一面に珍しく特許の話が載ってましたので,ブログでまとめておくことにします。

 内容は,出願料と特許料(所謂,維持年金ですね。)をそれぞれ1割値下げするということです。あと,商標についても。

 日経の記事によると,これによると,日立やパナソニックなど年1万件を出願し,6万件を維持しているような企業だと,10年で151億円かかるところを10年で10億円程度削減できる,とのことです。

 まあ規模のデカイ所だとそれなりのメリットがありますが,無いよりはまし程度だって感じがしますね。要するに,今日は日曜で日経も大した記事が無かったんでしょう。

2 で,何故大した話じゃないかは,このブログをよく見ている人はよくわかりますよね。

 まずは,日立やパナソニックの構造です。この2社は,特許出願を内製していることで有名です。今,日本で一番弁理士の多い事務所はどこか?つーか,ワンツーとも,事務所じゃないのです。1位がパナソニック!2位が日立!です。

 うーん,何だかインチキ臭さが出てきましたよね~。さらに,さっきのこのブログの記事の引用元のように,パナソニックは,弁理士法を潜脱し,自社の出願を子会社に委せるスキームまで開発しました。

 特許出願での最大のコストは,特許庁に払う出願料や特許年金ではありません。それは,弁理士報酬です。
 ですので,この弁理士報酬をいかに低くするか,それが知財部最大の課題と言って良いでしょう。

 まとめて数多く出願するので,安くしてくれ~というのはよくやる手ですが,それ以上に安くするのは,人に頼まず自分でやることですよね。
 ということで,平成13年に弁理士試験が大きく変わり,難易度がどど下がりして,弁理士の数が一気に増えたのを契機に,食い詰め弁理士や事務所就職できず弁理士などを各社がかき集めるようになりました。その中でも,パナソニックは,それまで外注中心だったのを内製に大きく切り替えたわけです(日立は前から内製中心でした。)。

 ただ,この前も書いたのですが,内製すると,正社員化しないといけませんので(有期契約社員っていうのもあり得ますけどね。メインのスキームじゃないようですね。),好き勝手にやめさせられないし,福利厚生にもお金をかけないといけないし,デメリットもあるわけです。
 さらに,それを回避しようとする方法をパナソニックが考えついたのもここに書いたとおりです。

 というように,これらのデカくて出願数の多い会社で,しかも弁理士報酬がクリティカルな費用じゃないところは,特許庁の費用を抑えることでメリットがあります。でも,世の中,パナソニックや日立のような会社ばかりじゃないですからね。

3 ということで,次の話です。大きな会社で出願数もそれなりの会社でも内製化していない会社が殆どですし,中堅以下の企業ですと,もう外注しかありません。ですので,特許出願の費用は,その殆どが弁理士費用ということになります。

 日経の記事によると,出願数を増やすために特許庁費用を1割削減するという風に書いてますが,多くの会社ではそれだけじゃあ出願数は増えないということです。

 この点,以前インハウスの弁護士で知財部にいる人と話したときには,2万円か3万円くらいで出願できないかなあと言われたのを思い出します。企業からすると,本当弁理士報酬ってそんなぐらいがいいのだなあと実感しましたね。

 でも,これも一面的~♪日本よりはるかに書き賃の高いアメリカで(10倍と思ってください),出願数は増えているのです。勿論,上記のとおり費用にうるさい日本企業もね。要するに,出願の費用が高いというのは,出願数に関する本質的なものじゃないのです。

 ですので,違うのです。何故出願数が増えないか,それは特許に限らず何でも一緒じゃないですかね。リスク(投資など)に対してリターンがすくなければ,そんなのやりませんよね。数百万円の投資で,数百億円から数千億円の見返りがあれば,やってみようかなあと思います。
 でも,数百万円の投資で,数百万円から数千万円の見返りしかなければ,投資先としてはあんまり魅力的じゃないですよね。勿論,特許の目的は,自社の技術を守るためではあります。だとしても,いざという時にはこれくらいの補償が受けられるというものじゃなければ,魅力は半減です。

 そこら辺きちんと考えて,入り口対策だけではなく,出口対策をやらないといけないということでしたね。
PR
1010  1009  1008  1007  1006  1005  1004  1003  1002  1001  1000 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8 9 11 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]