忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日12月1日です。いよいよ今年も残り一ヶ月なわけです。早いですねえ。

 ここの所毎年思うのですが,花見を過ぎたら一年はあっという間に終わります。花見を過ぎたら私の誕生月の8月まであっという間です。そして,8月を過ぎると年末まであっという間ですね。
 いやあ,一ヶ月前はまだサーフィンしていたというのに,時間の過ぎるのは早いとしか言いようがありません。

 さて,どうでもいい前置きはこのくらいにして,本題に行きましょう。ま,今日は小ネタ集です。要は,私の備忘ですね。

2 まずは,昨日弁理士会で行われた研修からです。

 私は今年から,日本知的財産仲裁センターの調停人・仲裁人・判定人候補者に入れてもらったので,その研修ですね。
 ま,本当は,弁護士の方で入れて欲しかったのですが,上記のリンク先見てください。弁護士は有名中心,だって,どうやって選ばれるかわかりませんもん。他方,弁理士の方は,有名な方も居ますが,きちんと実務できる中堅どころが選ばれているのがわかります。だってこっちは公募制ですからね。

 ま,あまりくどくど言わないことにしますが,私が弁護士会や日弁連の強制加入やめて欲しいのはこういう所にもありますね(会費が自分の利益に結びつかない)。

 で,その研修は当然初めてだったのですが,最初の一般的な国際仲裁の話は死ぬほど眠かったですねえ。眠り率,ほぼ100%だったのではないでしょうか。上記のとおり,弁護士の方は有名どころですので,有名な弁護士の先生もあっちで船を漕ぎ,こっちで寝息を立て~♪って感じでしたね。

 次のパネル・ディスカッションみたいなものは良かったです。

 で,そこでも出ましたが,日本知的財産仲裁センターの役割ですよね,そもそも。これについては,交通事故であるような紛争処理センターの役割だ,ということです。
 内容証明以上,裁判未満,こういうものを簡易な手続きで負担なくパパッと処理するというイメージですね。

 私もそうだと思いますよ。とは言え,知財の裁判自体が減っているのに,仲裁・調停の案件が増えるわけがない,というのもそのとおりだと思います。

 ま,日本知的財産仲裁センターの意義というのは,センター必須判定(要するにパテント・プールとかでの必須特許を選ぶやつね。)くらいしかありませんので,恐らく永遠に来ないであろう,私が調停人とか仲裁人になる事件を期待しておきたいと思います。

3 次は,なかなか面白い研究の話です。
 「特許権の権利範囲画定への特許審査の貢献:日本の特許データに基づく検証」
 どこからの委託ではないと思いますが,RIETIの研究です。

 以前,ここでも紹介しましたが,知財の経済面における実証研究というのが,色々流行っているようです。
 以前のやつは,特許を取ると具体的に何の良いことがあるの?という,インチキ知財コンサルが定性的な答えしか示すことができなかったものを,定量的に答えたということでなかなか意義のあるものでした。

 ほんで今回のやつは,権利範囲が審査でどうなるか?っていうまた面白い研究です。その手法は簡単で,修飾語が多いほど,権利は狭いはずだから,審査前後でクレームの文字数を比べりゃいいじゃんって話です。

 実は私,大学生時代,第二外国語がロシア語でして,その関係で,当時東工大の教授だった馬場先生(ペンネームは江川卓)のドストエフスキーの講義を受けていたことがあります。

 その講義の課題で,「貧しき人々」が出されたことがあります。これ知っていますかね。ちょっと助平心のあるロリコン気味のオッサン(私みたい)と若い女性との往復書簡形式のやつです。
 長いのですが,書簡形式なので,結構読みやすかったですね。ドストエフスキーの入門には最適かもしれません。

 で,私それで何をやったかというと,書簡の文字数を調べ(勿論原文じゃなく日本語ね。),思いが強いと文字数も増えるだろうという仮説を設けて,オッサンと女性の思いの強さを分析した,というものです。

 まあ,当時東工大と言えども,PCが誰でも(少なくとも一般学生)使える状況にはなく,下宿にもPCなんちゅう高級品はありませんでしたので,すべて手作業です。今だと上記の研究もそうですが,回帰分析とか簡単にやれるのは,PCあってのものだと思いますよ。

 なので,発想自体は30年以上前の大学生と大して変わらないって所でしょうかね(別に貶しているわけではありません。)。分析の結果は面白いですもん。

 私としては,マキサカルシトール事件へ応用したいなあって所ですね。
PR
1302  1301  1300  1299  1298  1297  1296  1295  1294  1293  1292 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
11
13 15 19
20 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]