忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 結構長くブログを続けていると同じような話が出てきたりします。今日もそんな感じです。

 さて,日経の本日の紙面に小さく,「東京・横浜、国際特許出願で世界一 2年連続で」という記事が載っていました。
 ここでも去年,その内容を扱いました。なので,その2というわけです。

 で,この日経の記事だけだとランキング自体がないので,ようわかりません。
 ということで,この元データを見るとよいのですけど,こんな450pもあるやつ,しかもクソ暑いときに,英語のこんなやつ読みたくねえーよ,それが普通の人です。

 なので,ランキングだけは抜き出してあげましょう。

 1位 東京-横浜  104,746
 2位 深セン-香港 48,084
 3位 
ソウル  37,118
 4位 
サンノゼ-サンフランシスコ(シリコンバレー) 36,715
 5位 
大阪-神戸-京都 27,046
 6
位 名古屋 18,837
 7位 サンディエゴ 18,217
 8位 北京 18,041
 9位 ボストンーケンブリッジ 13,659
 10位 パリ 13,318

 昨年のランキングが,2011-15で,今年が2016までの5年間ということです。
 つまり,昨年のランキングに1年分加わっただけのような気がします。なので,積分値を表してるだけで,今現在の旺盛さを表しているわけではない,という所に注意です。

 ですが,去年のデータがありますので,それと比べると,1年分で1万件くらい増えたのは,東京ー横浜だけのようです。あと名古屋の伸び率も凄いものです。
 ということで,PCT経由の特許出願は日本の会社も,まだかなりイケイケであることがわかります。

 つまり,日本での特許出願は,あーもういいかな~と考える日本の企業であっても,外国への出願はそうでもない(ここ重要)ということです。

2 こういうことは現在行われている産業構造審議会の知的財産分科会でも議論されていて,例えば,ここ,配布資料にある,「特許行政が直面する課題」などにも載っています。

 この資料のp22が秀逸です。
 「費用をかけても訴訟を行う価値がある国はどこか」というアンケートに対し(800社以上のアンケートのようです。),1位が米国で43%,2位がドイツで36位,・・・中国や韓国でも1%あります。

 ところが,日本は0%!

 誰のせいとは言わんけど,元裁判官の弁護士の方々,ちょっと反省した方がいいのではないでしょうか。

 特許出願が旺盛で,特許訴訟も旺盛であることが,100%諸手を挙げて良いこと,望ましいこと,とは思いませんよ,確かに。
 でも,英雄色を好むではないですが,なかなか相関関係のあることで,もしかすると多少因果関係まであることかもしれません。
 つまり,ここ何年か何十年か言われてきた,失われた20年・・・などというのは,特許訴訟で,片っ端から特許を無効にし,有効有侵害の場合でも,スズメの涙の賠償金,こんな特許訴訟デフォーが招いたものだった・・・てな可能性もあるんじゃないですかねえ。

 そして,既に遅きに失したのが今現在~。今後はどうなっかねえ。

3 追伸
 私がいつもサーフィンしているところは,辻堂の湘洋中学校前あたりのポイントです。混み具合とブレイクによって多少東西に行き来しますが,そんな所です。湘南でサーフィンしている人は大体わかりますかね。

 もともと,ソニーのエンジニア時代にサーフィンを始めたので,その頃行ってた湘南のポイントに土地勘があるし,友人も居るので,ずっとこの辺りでサーフィンしているわけです。千葉に行ってもいいのですけど(たまに行きますけどね。),やはりアウエー感がありますので,馴染みのある辻堂かなあって感じです。

 で,そんなローカル面している辻堂で,結構大きなサーフィンの大会をやっています(正確に言うとやってました。),湘南オープンという大会で,世界ツアーの予選(WQS)でもかなり優勝ポイントの高い大会です。

 で,昨日,一昨日といつものとおり,暇だったので,生中継をちょくちょく見ていたのですけど,今日はそんなわけにもいかず,昼休みに漸く生中継を見たら,中継終了!
 おかしいなあと思ってよく見たら,決勝まで全部終わっていたのでした~そりゃないぜ~。

 で,兎も角も,優勝者,安室(あづちと読むそうです)丈選手でした。おめでとうございます。17歳ということで,東京五輪,いやいやその先も~って感じで楽しみです。

 で,マニアックな私,それだけじゃ満足しません。生中継の解説を聞いていると面白い話が出てました。
 それはサーフボードです。

 オーストラリアから来た或る選手は,たるいオンショアのコンディションでもよく走るEPS(Expanded Poly Styrene。つまり,発泡スチロールということ)のボード(いわゆるエポキシボードですね。)を使っていると言ってました(ノンストリンガーらしい)。
 他方,一番メジャーな所謂フォーム(PU,のボード。polyurethane)のボードですけど,発泡スチロールに比べりゃ,そりゃ比重が重いので,オンショアの波だと苦労するのかもしれません。

 ただ,今日は台風からのスエルが入って,重いPUのボードの方がレールを波に食い込ませやすく綺麗に乗れたのかもしれません(ただし,準優勝したジョーダン選手は,明らかにEPSのボードでしたけどね。優勝した安室くんのボードはちょっとわかりません。でも日本のコンペティターは,PUのボードが好きなので,PUの可能性が大です。)。

 あと,会場はおおっぴらには鵠沼海岸って言ってますけど,明らかに辻堂のポイントなので,そこはどうなんだろうなあって思います。

PR
1589  1588  1587  1586  1585  1584  1583  1582  1581  1580  1579 
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
7
8 10 12 14
17 19 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]