忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 渉外事件ではありますが,現在特許界隈を賑わしているのは,表記の話でしょうね。

 正直,どっちの国も嫌いなので,両方滅びればいいのにというのが本音ですが,そんな厨二病発言してもしょうがありません。
 ただ,どっちにも与したくないということはあります。一方は,保護主義だとか,えこ贔屓だとか,特許の弱体化だとか言い,他方は,公益上当然,国は関係なし,行き過ぎた権利行使に歯止めだとか言っておりますね。

 ま,こういうのって客観的にどっちが是でどっちが非なんて決めようのない所ですので,勝手にやって頂ければよいと思います。

2 そんなことより,私のこの事件を巡っての感想は,アメリカの制度は面倒臭えなあってところです。

 日本じゃ,特許のダブルトラックというのが,有名です。つまり,裁判所での訴訟と,特許庁での審判とでの判断のルートがあり,お互いに矛盾する結論の場合もあり得ます。勿論,過度の弊害を無くすようにはしているのですが,特許法104条の3が出来て以来,ダブルトラックは本質的に避けられないものと言えます。

 で,翻ってアメリカですが,日本がダブルトラックならば,アメリカはトリプルトラックだというわけです。
 まず,通常の訴訟,アメリカは判例法の国ですから,これでケリをつけるのが大原則です。地裁に提起するわけです。
 次に,USPTO(アメリカ特許商標庁)における審判です。審判はあくまで副次的なものだったのですが,近時の改正などで,付与後レビューとか当事者系レビューとかの日本で言えば,昔の異議申立や無効審判に当たるものが,刷新され,こういうルートで特許性を争うこともできます。
 そして,最後が今般問題になったITCです。

 で,このITCって何じゃ?ということなのですが,正式名称は,international trade commission(インポテンスで困っちゃう~の略じゃないっすよ。)で,国際貿易委員会とでも訳すのですかな。日本で言えば税関!です。

 日本の税関は,難しい特許の中身の判断なんぞしません。せいぜい,著作権や商標権に関する海賊版の差止がメインです。
 だって,そもそも司法機関ではなく,単なる行政機関なのですし,中身を判断する能力もないわけですからね。ただ,税関での差止が認められると極めて効果は大きいわけです。先に紹介した日本の税関のHPに差止の実績なども載っておりますので,見てみると大変面白いと思います。

 ですが,特許に関しては,メインは裁判所であり,緊急を要するならば,民事保全(仮の地位を定める仮処分)ということになるでしょうね。

 こういうことは,所詮おかしな国のやることだから,何でもありなんじゃねえのと思われるアメリカでも同じです。ITCでやるというのは本来メインじゃないわけです。

 でも,このサムソンの特許に基いて,海外で製造されたアップル製品を水際で差し止めるようなことは相次いでおります。アップルも,ITCに提訴なんて聞くわけですし,多くの企業がITCを非常によく使っております。

 何故なのでしょうね。それは,アメリカの現在の訴訟の状況を見ると分かるのですね。上記のとおり,日本の場合,差止めが欲しけりゃ裁判所に訴えればいいだけです。しかも日本の訴訟は結構早いです(遅すぎたプロパテントになっておりますので,無効になる特許も随分少ないですし。)。
 ところが,アメリカの現在の訴訟で,差止めを認められるのは極めて少数なんじゃないですかね。
 というのは,ちょっと前にあったeBay(通販の会社)の最高裁判決で,差止めを限定的にしか認めなくなったのですね。とすると,訴訟で取れるのはお金だけ,じゃあ差止めまで求めるなら,もはやITCに提訴するしかないのです。

 日本でも,訴訟での差止めを限定的にしようという動きもあります。もし仮に特許法が改正され,そのようになったとすると,日本でも税関を使った差止めが頻繁に起きることになるでしょうね。そうしたら,裁判所,特許庁,税関というトリプルトラックの検討もしないといけなくなるかもしれません。

 ま,兎も角も,物事というのは,今生起している事実だけでなく,それがそうなった理由というか経緯というか,そういうものがあって,そう生起しているわけです。ですので,事象の系譜を常に考えるというのは(平たく言えば,なぜなぜ5回ってやつです。),頭の中に叩き込んでた方がいいでしょうね。

3 追伸
 先ほど,奈良県を中心に強い地震が来るということで,緊急地震速報がありました。
 私のiphoneが変な呼び出し音を立てましたので(いつも消音しております。),壊れたかなあと思ったら,何とそういうことでした。

 しかし,テレビで高校野球を見たら,奈良からそんなに距離のない甲子園で全く何の影響も無い模様でした。そしたら,やはり,有感地震は全くなく,どうやら誤報の虞が強いということでしたね。まあ何もなくてやれやれでしたね。

 まあしかし,私のiphoneも緊急地震速報に対応できているということがわかり,それはそれで良かったです。若干人騒がせではありましたけどね。
PR
703  702  701  700  699  698  697  696  695  694  693 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]