忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 概要
 本件は, 特許権(特許番号:特許第3737801号,発明の名称:プラバスタチンラクトン及びエピプラバスタチンを実質的に含まないプラバスタチンナトリウム,並びにそれを含む組成物)を有するハンガリーに本社を持つ製薬会社のテバ社が,被告による医薬品 であるプラバスタチンナトリウム(被告製品)の輸入及び販売行為が上記特許権を侵害しているとして,被告製品の輸入・販売の差止等を請求した特許侵害訴訟の控訴審です。

 一審東京地裁(47部,阿部さんの合議体です。)は,「本件特許は,特許無効審判により無効にされるべきものであると認められるから,原告は,被告に対して本件特許権を行使することはできない(特許法104条の3)。」として,原告テバ社の請求を棄却しております。

 そして,これに不服のテバ社が控訴したのですが,本控訴審(知財高裁1部,飯村さんの合議体です。)では,その控訴が見事に棄却され(請求棄却のままということ。),テバ社が相変わらず敗訴というわけです。

2 問題点
 むー,とすると,これは例のプロダクトバイプロセスクレームのやつですか~?と勘違いしそうですが,ちょっと違います。
 原告と特許権は同じなのですが,被告が違います。そして,被告の実施行為が違うため,プロダクトバイプロセスクレームのメインの論点は吹っ飛んでいます(被告の実施が,輸入販売であり,技術的範囲に属することには,争いはないのです!)。その辺の経緯は,このブログで述べたとおりです。

 じゃあ,特段論点なんかないんじゃないの,少なくとも,偏屈なあんたが取り上げるほどのもんかね~?と訝る向きもあるとは思います。ところが,それがあるのですよ。

 というのは,例のプロダクトバイプロセスクレームが正面から問題となった知財高裁大合議では,余計なことに,判決の結論に関係ないのに,無効の抗弁での発明の要旨認定のときの,プロダクトバイプロセスクレームのクレーム解釈まで判示しちゃったんですね。
 この辺のことも,このブログで書きましたが,そういう余計なことというか蛇足なことというかをしたため,自縄自縛になり,それ故,今回の判決でもその辺のことを書かざるを得なくなったという感がありますね。

 なお,被告の方は,例の大合議の判決で使われた新しい証拠を控訴審で主張し,それにより,無効の抗弁が認められております。テバ社にとっては何とも罪作りな大合議ですね~♫

3 判旨
イ 特許法104条の3は,「特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは,特許権者又は専用実施権者は,相手方に対しその権利を行使することができない。」と規定するが,同条に係る抗弁の成否を判断する前提になる発明の要旨は,特許無効審判請求手続において,特許庁(審判体)が,無効の有無を判断する前提とする発明の要旨と同様に認定されるべきである。
 そして,本件のように,「物の発明」であり,かつ,その特許請求の範囲にその物の「製造方法」が記載されている場合における「発明の要旨」についても,前述した特許権侵害訴訟における特許発明の技術的範囲の認定と同様に認定されるべきである。すなわち,① 発明の対象となる物の構成を,製造方法によることなく,物の構造又は特性により直接的に特定することが出願時において不可能又は困難であるとの事情が存在するときは,特許請求の範囲に記載された製造方法に限定されることなく,「物」一般に及ぶと認定されるべきであるが,② 上記①のような事情が存在するといえないときは,その発明の要旨は,記載された製造方法により製造された物に限定して認定されるべきである。
 この場合において,上記①のような事情が存在することを認めるに足りないときは,これを上記②の「特許請求の範囲に記載された方法により製造された物」に限定したものとして,当該発明の要旨を認定するのが相当である。
ウ そこで,本件発明において,上記「物の特定を直接的にその構造又は特性によることが出願時において不可能又は困難であるとの事情」が存在するか否かについて検討する。・・・・・

 したがって,特許請求の範囲請求項1に記載された「プラバスタチンラクトンの混入量が0.5重量%未満であり,エピプラバの混入量が0.2重量%未満であるプラバスタチンナトリウム」には,その製造方法によらない限り,物を特定することが不可能又は困難な事情は存在しないと認められる。
(イ) 以上のとおりであるから,本件発明の要旨は,特許請求の範囲の記載どおり,製法により製造された物に限定され,次のとおりとなる。
 「次の段階:
 a)プラバスタチンの濃縮有機溶液を形成し,
 b)そのアンモニウム塩としてプラバスタチンを沈殿し,
 c)再結晶化によって当該アンモニウム塩を精製し,
 d)当該アンモニウム塩をプラバスタチンナトリウムに置き換え,そして
 e)プラバスタチンナトリウム単離すること,
を含んで成る方法によって製造される,プラバスタチンラクトンの混入量が0.5
重量%未満であり,エピプラバの混入量が0.2重量%未満であるプラバスタチン
ナトリウム。」

(2) 乙13発明に基づく容易想到性の有無について
 当裁判所は,本件発明が乙13発明並びに乙1資料及び技術常識によって,当業者が容易に想到し得た発明であると判断する。その理由は,以下のとおりである。・・・・

 したがって,本件発明は,乙13発明並びに乙1資料及び技術常識によって,当業者が容易に想到し得た発明であると認められる。」

4 検討
 結局,無効の抗弁で進歩性なし,とされるのですが,一審に比べると原告にとって少し有利な点もありました。
 それは,大合議の判旨で,プロダクトバイプロセスクレームの特許の発明の要旨認定も,技術的範囲の認定と同様に(原則,製法限定説)行うとされたからです。そうすると何が有利かといいますと,技術的範囲は狭くなりますが,その分,公知技術に近接したりダブったりする確率は小さくなりますので,無効にはなりにくくなるわけです。

 ただ,今回の場合,上記で述べたように,大合議で新しい引例が採用され,本件事件でもこの引例が採用されてしまったので,無効となってしまったということです。

 結論は,まあ致し方ないかなあというところです。

 ところで,この判決を見るにつけ,飯村さんて律儀な人だなあと思いますね。だって,いくら大合議判決だからと言って,即判例になるわけじゃないですからね。つまり,大合議判決なんて無視して,勝手に規範を作ってもいいのです。
 こんなことを書くと半可通の弁理士がやいのやいの言うかもしれませんが,大合議だろうが,小合議だろうが,知財高裁の判決は原則として判例にはなりませんよ!判例になるのは,原則として,最高裁だけです。

 いや最高裁が知財高裁を無視してもいいだろうけど,知財高裁が知財高裁を無視してもいいのかと問われれば,別に自分より偉くないんだから,いいんじゃな~い,ワイルドだろ~,としか言いようがありません。

 ですので,地裁の判決を取り上げて,この判例がどうのこうのとか言っているのを聞くと,馬鹿かこいつと心の中で思い切り叫んでいますね。でも決して口には出しません。基本私は,スニーキーですし,それに,おバカさんはおバカさんのままの方が,色々与し易いですしね。



 


PR
507  506  505  504  503  502  501  500  499  498  497 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]