忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 本日はちょうど70年前に広島に原爆が投下された日です。

 ま,そのことは2年前にここで書きましたので,改めて書く必要はないでしょう。私の考えは2年前のとおりです。
 トルーマンは,ゲヘナでヒトラーやスターリンや毛と仲良くしていることでしょう。

 つーことで,まずは明確性からです。

2 実は,一個一個判決を紹介しようかと思ったのですが,まあそれほどの話ではないため,まとめたわけです。
 ですので,まずは判決1です。

 知財高裁平成26(行ケ)10243号(平成27年7月28日判決
 これは被告のTOTOの持っている特許権(名称「大便器装置」,特許第5057192号)に対し,原告のパナソニックが,無効審判を提起したものの,不成立審決が出たため,審決取消訴訟を起こしたというものです。

 まあ,大手企業によるガチンコマッチで,代理人も東西を代表する知財系大ブティックです。

 ほんで,何が問題になったかというと,クレームの文言です。

【A】大便器のリム直下でボウル内面に沿って水平にボウル部の後方側部より前方に洗浄水を供給する1つのノズルと,
【B】洗浄水をボウル全周に導くボウル内面に沿った棚と,この棚の上方に設けられたリム部と,を備えた大便器装置において,
【C】前記リム部は前記棚から上方に向けて内側に張り出すオーバーハング形状となっており,
【D1】前記棚は,前記ボウル部の側部では水平で
【D2】且つ前記ボウル部の前方部ではボウル部中央に向かって下方に傾斜し,
【E】前記ノズルから噴出した洗浄水が前記棚に沿って一周を旋回するように構成されている
【F】ことを特徴とする大便器装置。

 クレームは,上記のとおりなのですが,構成要件A(構成要件D1にも再度)と構成要件Eに「略」という文言があります。

 あ,これリャクって読みませんからね。
 ああ~川の流れのように~♫って,ああセンのながれのように~って読まないのと同じです。
 日本語ちゃんと勉強せえやって所です。これは「ほぼ」と読みます。

 で,この略って不明確じゃね~って問題になったのです。

 判決は,最初の略について,
しかしながら,「略水平」とは,当該技術分野の平均的な技術水準において,棚を水平を保ったということであり,なるべく水平な状態にしたとか,ほぼ水平であるといった程度の意味ととらえられるから,それ自体として直ちに不明確なものとはいえない。」と,
 あとの略について,
しかしながら,「略一周」とは,洗浄水が棚に沿って便器内おおむね一周させるといった程度の意味ととらえられるから,それ自体として直ちに不明確なものとはいえない。」と判示しました。

 つまりはセーフです。

 ということですので,クレームに「略」って入れても直ちに不明確になることはないようです。

3 続いて明確性2です。

 知財高裁平成26(行ケ)10047号(平成27年7月16日判決

 これも結構大手同士で,代理人も大手同士の戦いです。
 被告(電気化学工業)の有する特許権(名称「炭化珪素質複合体及びその製造方法とそれを用いた放熱部品」,特許第3468358号)に対し,原告(CPSテクノロジー)が,無効審判を提起したものの,不成立審決が出たため,審決取消訴訟を起こしたというものです。

 で,クレームは以下のとおりです。
【請求項1】
  多孔質炭化珪素成形体にアルミニウムを主成分とする金属を含浸してなる板状複合体であって,板状複合体の面内に他の放熱部品に当該板状複合体の凸面を向けてネジ止めするための4個以上の穴部を有し,穴間方向(X方向)の長さ10cmに対する反り量(Cx;μm)と,それに垂直な方向(Y方向)の長さ10cmに対する反り量(Cy;μm)の関係が,|Cx|≧|Cy|,50≦Cx≦250,且つ-50≦Cy≦200である(Cy=0を除く)ことを特徴とする炭化珪素質複合体。

 今回は,この「穴間方向」っていうのが問題になりました。
 そんなに技術的に難しいもんじゃなく,ネジ穴を結んだ位置関係を「穴間」というようです。

 ところが明細書に
 
 こういう図しかなかったもんで,左から2番目のような図の場合,上下のネジ穴を結ぶと斜め方向になっちまうもんだから,ようわからんでと言われたわけですね。

 判決は,「「穴間方向(X方向)」とはどのような方向を意味するのかについては,特許請求の範囲(請求項1)の記載からは,一義的に明らかであるとはいえない。
上記記載から,「穴間方向(X方向)」には,図9に例示されたX方向が含まれることは理解できるが,「穴間方向(X方向)」は「放熱板表面の一方向を示」すとしか記載されていないから,図9に例示されたX方向以外にどのような方向が含まれるのか判然としない。
  また,図9に例示されたX方向については,穴と穴とを結ぶ直線とX方向を示す直線が明らかにずれているもの(図9の左から2番目の図)があるが,このような場合に穴間方向とX方向がどのような関係にあるのかについては,これを明らかにする記載も見当たらない。
と判示しました。

 つまりはアウトです。

 ということで,そんなこんなでこちらの方は,無効になったのですね。

 一応,上との違いを検討するに,上の判決は,言葉の意味そのものがようわからん系であったのに対し,下の判決は言葉の意味よりもむしろ技術的な話でNGになったような気がします。
 ほら,よく例示されるやつで,足すと100%以上になってしまう数値限定発明のやつとかと同じパターンです。

 こう見ると,明確性の要件って,言葉の意味も重要なのですが,それは何とか定義すればいいわけで,それよりもマズいのは,技術的に間違っているとか,理解不能とか,そっちのパターンですね。

 結構同時期に出された判決ですので,弁理士や知財部の皆さんはクレーム作りの際の参考にされてはどうでしょうかね。

4 そうそう,昨日の日経に,永遠の仮想敵国のアメリカの特許について,実に興味深い話が載っておりました。
乱訴の規制、予想外に浸透 米特許出願6年ぶり減」です。「今年度(2014年10月~15年9月末)の米国での特許出願件数は、6年ぶりに前年度(約58万件)比2%減に転じる見通しだ。」ということですね。

 何と言っても,2面という結構重要な所に載っていたので,目を引きました。とは言え,日経の特許の記事,特にアメリカの特許の記事って,はあ?ってことも多いため,心してかかる必要があるのですが,今回は,前のUSPTOの長官なので,何が言いたいかさっぱりわからんってことはありませんでした。

 ここで,何度か特許の出願数のことを書いたことがあるのですが,日本は低止まりで,徐々に減っております。
 私の元いたソニーなんかも昔は1万件くらい年間出していたと思いますが,今や2000件もないと思います。事務所も10ぐらいに絞って,それぞれの事務所に割当数(要するにバジェット)を決めてやってもらってるようです。

 かかる2つの国の観点から見ると,やはり権利行使というケツの話が,出願数というアタマの話に効いてきているというのがよくわかります。
 壮大な社会実験と言ってもよいと思います。

 で,今回のこのアメリカのおっさん曰く,「異議申立て」が結構効いたみたいなことを言っております。
 でも,アメリカには,異議申立てなんちゅう制度はありません。
 特許付与後9ヶ月以内の,いわゆる付与後レビュー(post grant review)か,その期間を過ぎた後の当事者系レビュー(inter partes review)の2つのよく似た制度があるため,どちらかを指しているのでしょうが,そこら辺があいまいでようわかりません。ちゃんとこういう用語で訳すか,原文で示さんか,ボケ!
 相変わらず詰めが甘いなあって所です。

 兎も角も,権利行使しにくくなったアメリカでは特許出願数に早くも影響がある!っていうことで,さすが,何事にもバッファのない国らしい迅速ぶりです。

 ということで,日本でも出願数を増やすには,単純ですよね,権利行使しやすくなる~って,この一点買いですわ。勿論,それによるデメリット,メリット両方ありますので,議論する必要はありますけどね。

5 ほんで,東京は,7日連続の猛暑日です。今日は,今年最高の気温のようです(今のところ,35.9度です。)。
 
 先ほど,ちょっと散歩したのですが,いやあめまいがしそうです~♫
 
 この暑い中,甲子園が開幕しました。今年は話題の選手が多く楽しみですね。個人的には,早実の出る明後日3日目と,地元大分明豊の出る明々後日4日目にまずは注目です。

 しかし,明豊の相手は,宮城の仙台育英なもんで,下馬評では当然明豊負けの予想ばかりです。何と言っても優勝候補らしいですからね。

 まあただ,ヤる前から負けること考えるバカいるかよ!バッシってなもんです。期待しておきましょう。
 

 
  



PR
1173  1171  1170  1169  1168  1167  1166  1165  1164  1163  1162 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 25 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]