忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 やるやると言ってながらなかなかやれない職務発明の話~休み前にやることも一段落ついたので,ここらでやりましょう。

 まず,何だかよくわかりませんが,最近,職務発明の話が報道されたりしてます。
 中身をよく読むと特段間違っているわけでも不当でもないのですが,見出しや「政府は,・・・条件付きで企業が持つように法改正する方針を方針を打ち出した。」となると,何だか既定路線のような誤解を与えてよくないでしょう。

 勿論,何らかの意図があってどこかが裏で糸を引いているのかもしれませんが,未だに誤解している人も多いので,現状(現行法)からおさらいしましょう。

 現行法上,確かに法人発明など認められておらず,発明できるのは自然人のみとされております。あ,自然人って普通の人って意味ですからね。うちの田舎みたいなスゲー田舎で育った自然児とかのような意味じゃないですから。

 でも,通常の職務発明って即企業のものになっております。勿論,今現在ですよ。
 どういうことかというと,会社に入社するときの雇用契約やら確認書やらの規定上,乙が職務発明をしたときは創作時に甲に帰属することとする~のような条項が必ず入っており,それを認識した上で雇用契約などを締結するようにしています。

 知財協に入っているような大会社では古くから当たり前のスキームだったのですが,近時職務発明の色んな訴訟が相次ぎ,中小企業でもデフォーのものです。

 ですので,従業員が職務発明を創作→即会社のもの,となっております。これは法律上も当然認められているものです。

 なので,仮に法改正があって,「「職務発明」の特許」を企業が持つようになっても,そりゃ原則が変更するので,大きな話ではあるのですが,実務にそんな影響はありません。
 後で詳細に述べますが,実務やっている人達がギャーギャー言っているのは,そこじゃないのですね。

2 じゃあ職務発明の何が問題かというと,相当対価の件です。つまり,金です。単なる原則論であってもほぼすべての職務発明が即会社のものとなっても,価値あるものを他者(勤めている会社のことね。)に譲渡する以上,その譲渡対価が必要となっているのです。

 実務やっている人達がギャーギャー言っているのはここなのですね。特に,この相当対価の請求,ある程度きちんとやってれば裁判でも文句を言われることはないとはいえ(法律上そうなっています。),本当にこれでいいのかなあというのは残ってしまいます。ちょっと,この辺に詳しい人だったら,職務発明の対価請求訴訟での対価の計算が,ある程度のデータは元にしているとはいえ,寄与度とか本当ざっくりだし,何を重視し何を軽視するかは裁判官の勝手と言ってよいものであることは重々承知でしょう。

 にも関わらず,実際の実務をやっている人達はそんなわけのわからないもののために,非常に手間をかけて相当対価の計算をして発明者に支払っているわけです。

 ですので,企業側と言っても,お金を出す経営者サイドではなく,知財部からもういい加減にして欲しいという要望が今回の法改正の要請だと言ってよいでしょう。

 ですので,私も知財部出身なので,身につまされるものではあるのですが,改正の必要性を深く追及されるとムニャムニャ~みたいな反応しかでないわけです。

3 というような感じですが,今回の中間まとめは,今年の3月からやっていた特許小委員会が6月末で一段落つき,その議事録が発表されたということがきっかけです。

 この一段落の,第7回目の議事録は重要です。そこには出席者からの様々な意見はあるものの,まとめがあります。

「○山田制度審議室長  留保条件つきということではございますけれども、以下の点を確認できたのではないかと思います。
  まず1点目でございます。研究者の研究開発活動に対するインセンティブの確保と企業の国際競争力、イノベーションの強化をともに実現するべく、職務発明制度の見直しが必要と考えられる。
  2点目、オープン・クローズ戦略といった多様な知的財産戦略を使用者等が迅速・的確に実行するためには、一定の場合には、例えば、従業者帰属を使用者帰属とするなどの制度の見直しの合理性が認められる。
  3点目、一定の場合に、使用者帰属を認めるとしても、全ての使用者等について一律に従業者帰属を使用者帰属に変更する必要があると認められるほどの事情の変化が平成16年以降に生じていることまでは見出せない。
  4点目、使用者等の自主性のみに委ねても、従業者等の発明のインセンティブが確保されるとは言えない場合がある。
  5点目、従業者等の発明のインセンティブが実質的に確保されている場合には、現行法のように法定の対価請求権を設ける以外の方法も考えられる。
  以上でございます。 」

 これを経営者側に有利なようにまとめると,上記の報道のようになるのでしょうが,ここでは,まだ検討中といったステイタスです。で,実際にこういう趣旨的なものから,実際の立法がどうなるかは,再開後の小委員会~♪ということになると思います。

 ですので,今現在の状況は,上記の「」で入れたものの段階です。これを踏み込えた何らかの報道等はフライングないし単なる願望・憶測ですので,ご留意ください。

4 で,中間まとめなので,このままで終わってもよいのですが,いやあらしくありませんし,私自身どう思うかが抜けておりますので,そのことを一応書いておきます。

 私のこの小委員会に対する考えは,ここでも書きました。かなりアグレッシブですが,今現在はここまでアグレッシブには思っておりません。まあ,私はコロコロと考えが変わるのですが,少なくとも,この3月の時点よりも企業寄りになっております。

 ま,ずっとこのブログを見ていた人には,実は私は昔ははっきりと企業寄りだったことはご承知されているはずです。例えば,古い記事を見て下さい。
 それが多少発明者寄りになったのは,L&Tという雑誌に片山先生一派の,企業寄りというかまさに提灯論文が載ったからです。
 NBL問題なんか典型ですが,中立公正を装ってのインチキというのは,見破るのが難しいため,バイアスを生じさせます。なので,私は腹が立って発明者寄りになったわけです。

 だけど,上記のとおり,今回の小委員会がきちんと議論していることもわかり,私の怒りも多少収まりました。それに,今回の小委員会の議事録を見るにつけ,うーん,これはちょっと知財部の人のことも考えないといけなあと思ったということもあります。

 実は,今回の小委員会の議事録を読んだのは,初めはいちゃもんをつけるためだったので,面白発言に注目していたのですが,途中からちょっと考えが変わりました。

5 その面白発言を行った人といえば,このブログでも時折出た武田製薬の知財部長が,まさに狂言廻しというか三流ピエロでいい味を出していました。

 第1回の特許小委員会の議事録からです。
「○奥村様(萩原委員代理)  本当にそうなのかという土田委員に対して、多くの場合は本当にそうだと思います。中村委員はまさに経営者の立場からそう言っていただいたんじゃないかと思っております。
○土田委員  また議論しましょうか。今日はもういいです。
○奥村様(萩原委員代理)  お願いします。

 この方,上記のとおり代理で出席されていたのですが,何故だかワンマンショーに。これから議論する件についてしつこく企業側の主張を繰り返し,土田教授からダメ出しの一言~♪
 まさに,企業の忠犬ポチ公,ギャンギャンギャン,ハウス!でしょぼーんって感じでした。

 さらに,かの氏,第5回の特許小委員会でも代理出席したのですが,口が滑って議論があらぬ方向に行きかけます。
○奥村(萩原委員代理)  先ほど私がうっかり御褒美のようなものと言ったので大変いろいろな議論が出て、大変申しわけありません。不適切な発言だったと思います。御褒美のつもりではなかったので改めて、御褒美のようなものと言うつもりでおりまして、申しわけございません。しかし、議論はとても重要なことを皆さん、議論いただいていたと思います。 ・・・」

 発明者へ渡すものは,対価とはいえ,ご褒美なんだって~うれちいな~お年玉みたいなもんなんかな~♪

 さらに,こんなことも。
○奥村(萩原委員代理)  先ほど私がうっかり・・・そういう意味で、大方の発明者は、私も誤解をおそれずに申し上げますと、企業内の大方の研究者の方は企業内の決めたところである程度は御納得いただけていることが多ございます。ただし、そうでない方というのは非常にエキセントリックに反応してまいります。そういったところが、お互いにわからない者同士議論をするわけですから、とても難しい状況になるということでございます。 ・・・

 エキセントリックな発明者て何やねん!わいのようなやつのこと~それやったらしゃあないなあ(武田薬品は大阪がメインなもので。)。

 これに対しては,こんな大人な対応が見られました。
○土井委員  ありがとうございました。前回、規則の事例を出してほしいと発言しましたので、出していただいてありがとうございます。先ほど奥村委員が御説明の中でポロッとおっしゃっていたのですが、基本的には社内規則でほとんどの社員がうまくいっているのだけれども、一部のエキセントリックな方がいて、その法的なリスクに対応するためにかなりガチガチに対価を算定する必要があり、御苦労されていらっしゃるというお話があったと思います。一部のエキセントリックな人たちのために法律の根本的な権利の帰属を変えるのかというと、そういうことにはならないと思っておりますので、最初にそれを申し上げておきます。

 いやあ,大爆笑させて頂きましたよ。この議事録,細かい所まで収録されているので,非常に面白いです。どれも読み始めるととまりません。人間てやつは~愛すべき存在でんな~♡ムフフフ。

 で,別にこの方を個人攻撃するつもりはありません。いや,正確に言うと最初はそのつもりだったのですが,上記のとおり,私の怒りは収まってしまいました。
 初めは,よくこんなレベルで,大武田の知財部長なんてやってられるなあ,薬の業界ってレベルが低いんだなあと思ってました。でも,私は常に常識を疑うようにしております。ですので,表層的には,こんな三流ピエロの,忠犬ポチ公と思われる方が,大武田の知財部長なんて~と思われるのですが,それは逆じゃないか,ということです。

 どういうことかというと,大武田ですよ~,そこの知財部長なんて,相当優秀じゃないとやれるわけがありません,常識的に。その方が,三流ピエロで,忠犬ポチ公って思われるような状況というのは,かなり異常な状況と考える方が,常識的な事実認定だということです。つまり,超優秀な方が,パニクって,追い詰められ,もう本当どうしちゃったの?って思われるほどの状況にあるってことです。それが現在の職務発明を処理する実務家の状況ってことです。

 これはやはり知財部出身者としても,ちょっと見過ごすことはできませんね。
 勿論,私は,発明者出身でもあり,そこも大事にして欲しい所ではあるのですが,今回この奥村さんの尋常じゃなさぶりを見るにつけ,ちょっとこっちの方にも目を向ける必要があると理解し,考えが変わった次第です。

6 で,ここからは蛇足です。
 この面白い特許小委員会議事録を見ると,弁理士会が実に頼りないということがわかります。
 弁理士会の代表者もプレゼンをしたのですが,こういう評価です。

○萩原委員  ありがとうございます。弁理士会さんからきょう御意見を伺いまして、前回かなり我々時間かけて御説明させていただいた法人帰属に基本的に同じ意見を持っておられるということで、常日ごろ日常的に弁理士会さんと一緒に仕事をしている我々企業側としては、非常に心強いなと思いました。

 まあそりゃそうなんですよね。弁理士のクライアントは大企業なんで,その知財部等と違った意見なんか持てるわけないっすよね。この萩原委員というのは,上記に名前だけたくさん出てきた知財協の委員です。

 日本にちょい昔国連安保理の常任理事国入りという動きがあったことを覚えてる人もいると思いますが,そのときの反対意見で笑ったのが,日本が入ったからってアメリカの票が2票に増えるだけだろ~♪っていうのがありました。
 ですので,職務発明の委員会に弁理士会が入ったからって,企業側の票が1票増えるだけっすね。

 あと,第7回の議事録を見ると,いわゆる御用学者が誰か,実によくわかります。そんなはっきりと企業寄りの発言するんだね~♪てな具合です。

 まあ,本当,この議事録は宝?の山ですね。

7 ま,兎も角も,中間まとめは結構合理的なものができましたので,国民の皆さんでこの後もしっかり見ておく必要があります。
 ちゃんと見ているとなったら,なかなかインチキはできないものですからね。

 特に,報道でどうだったかではなく,少なくとも一次資料を自分で見ておく必要があります。近時インターネットが発達し,本当にそんなことを言ったのか?本当にそんなことが書いてあったのか?ということをちょっと検索するとわかるようになってますので,面倒でも,実際のものを見る必要があると思いますよ。

8 追伸
 G1クライマックスの決勝は,レインメーカーオカダカズチカの優勝で終わったようです。日曜日深夜のGet sportsでやるんじゃないかなと思って録画していた私は勝ち組でしたね。

 土曜のワールドプロレスリングでは,その決勝までの試合をやっていたのですが,なかなか面白い脚本でした。あ,言っておきますけど,ここは,プロレスネタばらし上等という,「大人の」ブログですのでね。

 中邑真輔は,柴田にも棚橋にも負けているのですが,それでも決勝進出しました。この辺,昔から疑問に思っているのですが,こういうリーグ戦みたいな場合のブックって,どうなっているのかなあってことです。
 つまり,個別の試合のブックがあるのは当然で,それ以上,G1全体のブックもあるのかなということです。
 まあ全体のブックがないと今回の個別の決勝戦のブックが描ききれませんので,全体のブックが必要だと思います。でもそうすると,星取りを考えながら(決勝に中邑真輔とオカダ・カズチカが行くように)個別のブックを描くのは実に面倒だという問題が生じます。ただ,新日くらいデカイ所だと,その辺きちんと計算しているのかもしれませんね。

 で,本題の決勝戦ですが,うーん,そう来たか~って感じで,私には実に残念な感じです。というのは,本当何十年ぶりって言ってよいと思いますが,男子プロレスラーのファンになったのは,って感じだからです。ということはどっちかわかりますね。今回負けた中邑真輔ですね。

 もう飛びボマイエで3カウントを奪えなかったときに,真輔の負けブックというのは見えましたが,まあでも,あのクネクネ具合といい,それにも関わらず新日を背負っている具合といい,実によろしいですね。真輔の試合がテレビでよく放映されるのはわかりますね。

 さて,その何十年ぶりかのファンの,その何十年前の対象は,橋本真也ですね。来年で亡くなってもう10年になりますが,実に好きな選手でした。
 その橋本真也のベストバウトですが,私は90年の夏の栗栖正伸戦を挙げたいですね。上記のG1が始まったのが,91年で(私も見に行きました。),これは両国国技館での連戦ということが売りでした。こういう同じ会場での連戦で行ける~となったのが,前年90年の後楽園ホール7連戦だったと思います。

 その中で,当時エースだった橋本真也に何故か試練のマッチメイクが結構あったりしたのですが,その最たるものが栗栖正伸戦でした。当時,椅子大王とか呼ばれていて,新日以外のリングで,その反則イス攻撃で超話題になっていた栗栖正伸を新日に呼び戻して(栗栖は新日出身),売り出し中のエースである橋本にぶつけたのですから,そりゃあ結構エグいマッチメイクです。

 案の定,序盤で橋本はかなりの怪我をして,その後,怒涛の追い込みで栗栖を撃破するのですが,いやあブックがあっても,こりゃあ何じゃっていう,まさにプロレスっていうもんでしたね。でも,これテレ朝で放送しなかったのです,当時。そのため,週刊プロレスか東スポをドキドキしながらめくっていた記憶がありますねえ。

 そのくらいこの栗栖正伸戦はすごい試合でした。

 で,元に戻って中邑真輔ですが,今回のG1の決勝は,まあしょうがないとして,ここでも書いたニュージャパンカップの決勝戦のバッドラックファレ戦は凄い試合でした。あんな試合ばかりやっていたら,中邑真輔の選手寿命も短くなりそうですが,滾ってない試合も見たくありませんので,致し方なしという所ですね。

 あ,そうだ。高校野球の大分高校,惜しくも負けてしまいましたね。ホームランを打たれたのと,初回にもうちょっと点を取ってりゃ変わってたのでしょうが,これも致し方なしですね。しかし,次はどこを応援すりゃあいいんだ?
PR
947  946  945  944  943  942  941  940  939  938  937 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8 9 11 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]