忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記の雑誌は,「経済・金融・企業情報をタイムリーに伝えるビジネス誌」であり,月曜の日経紙の朝刊に,東洋経済といつもペアで広告を載せている,あの雑誌ですね。

 私も企業法務は少なからずやりますので(お客さんの割合も企業と個人で,ちょっと企業が多いかなあというところです。),気になった特集は立ち読みしますが,実際に買ったのは,2009年8月29日号以来です(この特集は,弁護士大激変!でした。)。

 さて,今号の特集は,何だったか?ググッてみればすぐわかりますが,ソニーですね。そう,私が11年もお世話になり,しかも新卒で入ったため社会人としての物の考え方,仕事のやり方,その他色々学んだ,まあ正直愛憎入り混じったものですね。

2 内容は相変わらず詳しく踏み込みませんが,こういう特集をみると,週刊誌の役割って非常に大きいですね。テレビは速報性,新聞は,ちょっと踏み込んだ活字の記事,これが月刊誌になるとタイムリーさを失うでしょうから,週刊の活字雑誌の意義は大きいですね。

 さて,読んでいてまず興味深かったのは,「裸の王様」の次に報酬の高いのが,法務担当執行役EVPのニコール・セリグマンだということでした。この人,USの弁護士で,おそらく日本には殆ど来ていないのでしょうね。
 そして,読めば読むほどどうにかならんのかという気がしてきます。この記事によると,明日2/1に取締役会が開かれ,そこがターニングポイントになるらしいので,それに期待しておきましょうか。

3 記事の内容については,首肯できるところが多かったのですが,2点む~と感じたところを指摘しておきます。

 まず,サブタイトルの「なぜアップルになれなかったのか」ですが,これは違いますね。アップルがソニーになったのです,かつてのソニーですけど。
 ですので,正確に言えば,なぜ今のソニーはかつてのソニーでなくなったのか,というところではないでしょうか。

 次に今回の特集は,大きくソニーとアップルを比較するというのが,ポイントのものでした。ところが,重要なものが抜けているのですよ。これは痛い。次回は,私が以下書くこともきちんと取材した方がいいですよ。

 アップルのノートPCと言えば,MacBook ProとMacBook Airのシリーズということになるでしょう。ipadも進化したノートPCと言えるかもしれません。

 では,記念すべきアップル最初のノートPCは?そうpowerbook 100ですね。
 かつて,家電オタクがいるのは,ソニーとアップルだけ,と言われていたので,この最初のノートPCを記憶している人も多いかもしれません(2chにいまだにソニーの単独板があるのは,その名残でしょうね。)。

 さて,では,このpowerbook 100,どこが作ったか知っていますか?え,アップルじゃないの?もちろんそれはそうなのですが,アップルは今も昔も基本ファブレスなので,iphoneやipadを台湾の企業などに委託しているように,このpowerbook 100もある企業に委託して作ってもらったのです。
 え,まさか,そう,ソニーが作ったのです。

 当時(1991年),ノートPCのように,小さい筐体に電気部品を詰め込む技術というのは,非常に限られた企業でしかできない技術であり,特に日本企業の得意とするものでした。
 中でもソニーは,パスポートサイズ~♪で一世を風靡したTR55(ハンディカム)の高密度実装技術がありましたので,まさに打って付け。ただし,当時パソコンの商売はしていなかったのですが(MSXの夢は敗れたものの,廉価ユニックスマシーンのNEWSの商売は堅調で,社内にコンピュータ事業がなかったわけではなかったのです。),これも逆に良かったのかもしれません。

 私は当時,この話を聞いてびっくりしました。あれ,うちって,こういうこともできたんだ~って感じです。VAIOをやる前のことですから,こういうことがVAIOへの布石になったのかもしれませんね。

 こういうことを思い出すと,もうアップルがソニーに何かを作ってくれと頼むことはないだろうなあということと,あのとき,更に協業したらどうなっていたんだろうと,しみじみ思います。

 ただ,奢れる者は久しからず,ソニーが今やこうなってしまい,おそらく,アップルの数年後の姿ではないかと思います。技術に流行り廃りがあるように,企業にも栄枯盛衰があります。
 聞いた話ではピークはワンジェネレーション,すなわち30年ということらしいです。人の一世代と同じです(話は変わりますが,よく,13代何とか,8代何とか,老舗がありますが,この数字に30を掛けると大体の創業年がわかります。)。

 面白くて,ちょっと辛くて悲しい特集でしたね。
PR
399  398  397  396  395  394  393  392  391  390  389 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 11 12 13 15
16 17 19 22
23 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]