忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,昨日弁理士会館であった研修です。

 お題は業界内で今話題の機械翻訳の話です。

 で,人工知能というと,先般ディープラーニングも軽々とできる東工大のTSUBAME3.0のシンポジウムに行ってきました。
 ニューラルネットワークを用いて画像を見つけるやり方などの講義があったわけです。

 今回もその延長線上にある話と言って良いでしょうね。

2 前半は,統計的機械翻訳の話でした。そして,後半がポイントのニューラル機械翻訳の話でした。所謂AIだとかディープラーニングとかと関係有るのは,後半の話なわけです。

 まあこの話が業界(弁理士業界)で話題になったのは,去年の秋のグーグル翻訳の大進歩に端を発するのですね。それまでたどたどしかった翻訳が,普通のこういう地の文と遜色ない翻訳になった!ということで話題になったわけです。

 ただ,個人的には,そんな言うほどのもんかなあと思っていたわけです。だって,何かイマイチたどたどしかったわけです。
 まあアインシュタインの伝記ほどはひどくないですが,皆騒ぎすぎと思っていたのです。

 ところが,昨日の後半の講義を聞いてびっくりしたのは,URL等によっては旧翻訳エンジンに行ってしまうということです。え!何それ!でしょ。

 ニューラル機械翻訳を使うには,グーグル翻訳の公式URL(https://translate.google.com/)からやらないといけないようです。これまで私が見ていたものは,旧の方だったかもしれません。

 そのことが分かっただけでも昨日は行った甲斐がありました。
 特に旧と新を見分けるには,入力したテキストにマウスを当ててみるとわかるようです。ニューラル機械翻訳は文全体を翻訳しているので,語で分けず文全体が対象とされるのに対し,旧は語毎で翻訳しているので,マウスを当てると語ごとに対象とされます。

 ま,あとは,ニューラルネットワークの話はベクトルと行列の演算であり,それをたくさんたくさんやるってことですかね。この辺は,日立の矢野和男さんの「データの見えざる手」を見ると分かりやすいかもしれません。

 なので,実に良い研修でしたね。

 ただし,イマイチな点も無いことも無かったです。
 まず,最初の講師の先生のマイクの使い方が悪くて後ろの方に居た私には,聞き取れないことがありました。どうも口からマイクを離す癖があるようでした。最近,外部会場が取れず,弁理士会の3Fでやることが多いので,ちょっと遅れると後ろの方に追いやられてしまうのですね。

 つぎに,元弁理士会会長の変な講義。これは要りません。研究者二人が十分な講義をやった後,何故か元弁理士会会長が出てきて,ほぼ雑談というか雑学レベルの話をし始めたのですね。いやあ酔客が乱入したのかと思ったのですが,違いましたね。
 雑学レベルの話は,弁理士みんなプロなんですから,要りませんよ。

 恐らく,この研修自体の音頭を取ったのが,この元弁理士会会長のために,大人の事情で,こういう元会長コーナーを設けたのでしょうね。でも~要らんものは要らん~♡弁理士側の事情説明をする必要があったならば,講師の研究者と同様の,現役バリバリの若い人で良かった筈ですね。

 とは言え,全体的には非常に良かったと思います。

 ただ,こうなると,特許翻訳の仕事は大打撃でしょうね。まあでもそれは特許翻訳だけではなく,弁理士の仕事もどうなのかなあって言う気がします。
 いや,人工知能が明細書を書くようになるっていうのは単純ですが,それは過渡期の話でしょう。

 特許というのは客観的なもののはずなので,明細書システムではない特許システムがAIにより実現できるでしょう。つまり,仮想特許空間を作って,そこに特許を登録できるようになる・・・つまりは不動産の登記のように~♫
 何か発明して,その発明が空いている場所だったら,そこに登録していくわけですね。こうなると,弁理士自体要りません。

 というようなことを考えると,将来残りそうな法律系の仕事って・・・客観的では割り切れない離婚とか,そういうドロドロ系の仲裁くらいですかなあ。ムフフフ。
PR
1 首記は,本日あった弁理士会の研修です。その名の通り,IoT関係の審査基準に関する研修というわけです。

 講師は,特許庁の審査第一部調整課審査基準室の藤崎詔夫係長でした。

 私も近頃,この辺(ソフトウエア関連発明)に関する仕事が様々ありますので,知識を仕入れに行ってきたわけです。

 ま,とは言え,資料はすでに特許庁が開示しているものです。
 ですので,一通り読んではいたのですが(相変わらず,勉強熱心でしょ。),自分だけで読んでいるとわからん所も多いのですよ,本当。

 なので,こういう研修があるといいですね。お陰様で23個ある事例の殆どは理解できました(14番めの事例など,自分で読んでいるだけだとさっぱりわかりませんでしたからね。)。唯一まだ理解できないのは,17番目の事例ですかなあ。

 で,こういう話題のためか,会場の弁理士会の3Fの大会議室が超満員でした!最近,研修もお金のセーブのため,よっぽどのことが無い限り外部会場を借りるということはありません。なので,キツキツでした。

 まあでも満員というのは,私はいまだ弁理士会研修所の運営委員をやっておりますので,悪くはないかなあという所です。

2 で,その弁理士会の研修所の運営委員も遂に最後の任期になりました。
 弁理士会の委員は,継続による弊害を防止するため(ちょっと前,国際関係の委員会で,一部委員による,不透明で偏頗な外国出張があったのですね。),任期の限度があるのです。

 そのため,各委員会によって違うのですが,研修所の運営委員は,2年一期で,4期8年が最長になっておるのです。なので,私は8年目になり,今年が最後のご奉公ってことになります。

 で,最後のご奉公ってことで,ちょっと教条的なことを書かせて頂きます。いつもとは全然違います。

 それは,研修の無断欠席は厳にやめて頂きたいということです。

  上記のとおり,人気のある研修は,本当満員になります。そして,そういう研修は,申込み20分程度で申込みも打ち切りになります。ああ,出たかったのに~という先生方が沢山居るわけです。
 にもかかわらず,無断欠席~♪ぶちくらっそ,こりゃ~,そん先生に譲れちゅうんじゃ,ボケ!ってわけです。

 いやいやいやいや,こっちも譲りてえんが,譲り方がわからんのじゃ,ってこともあろうと思います。
 なので,教えてあげます。

 研修所の研修の申込み画面に,便利なものがあります(URLは弁理士ならわかるでしょ。)。

 
 これは,次回私の行く研修についてですが,この(申込キャンセル)を,欠席が決まったときにクリックしていただくだけでいいのです。
 そうすると,席が空きます。残席が増えるのです。
 ですので,ああキャンセル無いのかなあと惨めったらしく見返した先生が居る場合などには,リベンジ申込みができるかもしれないのですね。

 なので,是非よろしくお願いします。
 こういうシステムがあることを意外と知らないかもしれませんので,ちょっとマジ系でらしくないのですが,周知した次第です。

 本当によろしくお願いしますよ。

3 追伸
  そう言えば,昨年電撃的にアメリカのWWEに移籍した中邑真輔ですが,漸く一軍に上がってきましたね。

 同時期に移籍したAJはWWEチャンプになるなど大活躍し,新日ではジュニアだったプリンス・デヴィット(フィンベイラー)も中邑真輔よりずっと早く一軍入りするなどして(その後怪我で長期欠場しましたが。),結構腐った時期もあったのではないかなあと思っていたのですが,やっとです。

 先週のThis Week's WWEでそのスマックダウンでの初登場の模様が大写しで見れました(ユーチューブとかにはとっくにアップされてましたけどね。)。いやあ久々,いいねえ,真輔,滾ってるねえ,クネクネしてるねえって所でした。

 大きな試合に絡んでくることを願っております。
1 これは本日の日経の中程にあった,あまり大きくない記事です。

 結構重要な話ではないですかね。
 あ,これ,特許法71条の「判定」とは違いますからね。あれは,当事者対立構造とはちょっと違い,特許庁のやる鑑定書みたいなものですので,あれで技術的範囲に入ろうが入るまいが,法的には何の効力もありません。

 実は数年前話題になった切り餅の特許の事件,特許庁の判定では技術的範囲に入らない!って結論だったのですね。ところが,知財高裁で大きく風向きが変わり,その後は皆さんご存知のとおりです。

 というように,どうでもいい制度だったわけです。

 ところが今回の新裁定は違います。
「同庁の選んだ専門家が両者の間に入って仲立ちするしくみで、来年に特許法改正案を国会に提出する。」とのことです。

 うん?おや?あれ?
 そんな制度ってありませんでしたっけ?

2 ありますよねえ~。日本知的財産仲裁センター,JIPACってモロそういうことをやる所です。
 これは弁理士会と日弁連が共同で作った組織なのですが,私がここで散々DISっているように,正直閑古鳥が鳴いております。

 だって,日本の特許権侵害訴訟の数は年間200件くらいです。裁判がそんな少ないのに,ADRだけ多いわけがありません。

 じゃあそんな意味のないものを特許庁にも作ってどうすんだ?ってことになるのですが,特許庁のインセンティブとしては,パテントトロール対策のようです。
 IoTとかの新技術の勃興により,日本でもパテントトロールの跋扈が予想され,その対策の一つとして,特許庁でもADRを出来るようにしたいのでしょうね。
 
 備えあれば憂いなしなので,そんなパテントトロールが跋扈するようになるなんて,本当にそうなったら,ある意味日本もまだまだ捨てたもんじゃないですよ。

 ですが,私の予想を言っておきましょうか。特許庁の新裁定もやはり全く申し立てがなく,閑古鳥が鳴く!に一票です。
 何故かって?,そりゃあ日本に経済的な魅力が乏しいだろうからです。日本からの上がりではパテントトロールのお腹はふくれないってことです。

 そりゃそうですよ,この程度のことしか出来ないようじゃね~♡。

3 追伸
 とひとしきり嫌味を言った所で,本題の桜に行きましょう。この時期,桜以上に大事なことなんてありませんからね!
 
 本日は,変形遡上コースです。まずは,目黒川を亀の甲橋辺りまで遡上します。いやあいい景色です。ちょっともう散っている所がいいですね。
 
 かむろ坂です。亀の甲橋くらいから,山手通り方面に行くとこの坂にぶつかります。武蔵小山方面への道ですね。
 
 ここも結構な咲きっぷりです。今日からちびっ子達の新学期だったらしく,入学式を終えた人たちにも出くわしました。ベストなタイミングだったかもしれません。
 で,ここから武蔵小山方面に進み,途中で林試の森公園に入りました。
 ところが,林試の森公園で桜の密集して咲いているところはあまりなく(ポツポツって感じです。),しょうがないので,目黒不動尊の前辺りを通り,再度目黒川の方へ戻ってきました。
 
 アマゾン日本本社横の太鼓橋ですね。日中が良い天気なのは今日までらしいですが,ちょっと曇ったりすると,花もこんな感じです。太陽の光で印象は随分違います。
 
 これも目黒川沿いです。
 話は変わりますが,この目黒川沿いの提灯,恐らく東方神起系のファンの人だと思いますが,凄い買い占めぶりです(寄付すると好きな文句を提灯に入れられるのでしょうね。)。いやあ,一度見に来るといいかもしれません。
 
 で,五反田の方に戻ってきました。ここは,三菱東京UFJ銀行の五反田支店が面している道なのですが,通りの名前がわかりません。地元の人ならすぐにわかるでしょう。
 
 ほんで,また山本橋に戻ってきました。
 昨日の東京の最高気温は,20.7度で今季最高だったらしいです。その前に20度を越えたのは,何と2/17らしいです。この2/17というのは,春一番の日です。
 いやあそれから1ヶ月半,20度を越えることは無かったということです。今年の冬は凄く寒いなあと思うことはあまりありませんでしたが(雪もそんなに降りませんでしたし。),いつまで経っても寒いなあって感じのする冬でしたね。

 でもまあ,そんな辛気臭い冬ともお別れ~♫そろそろサーフボードの用意をしないといけませんニャー。
1  2  3  4  5  6  7 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]