忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 概要
 本件は,弁理士である被告に対して特許出願に関する出願書類作成及び手続の代理を委任した原告が,被告が原告の求める内容を出願書類に記載しない,上記特許出願に関する拒絶理由通知に対して原告の意向に応じた補正を行わないなどして特許法,応答ないし補正義務に違反した,詐欺を行った,ねつ造ないし文書管理義務違反を行ったと各主張して,被告に対し,①不法行為に基づき損害賠償金400万円の支払(第1請求),②上記拒絶理由通知に対する反論が難しいという被告の見解についての特許庁公認の内容証明の提出(第2請求),③上記出願書類において原告の発明の内容を記載した文章ないし図面の場所の特定(第3請求)をそれぞれ求める事案です。

 要するに,弁理士と依頼者の間で揉めた事件で,要するに,オモシロ事件というわけです。

 これに対し,46部の長谷川さんの合議体は,請求をいずれも棄却しております。まあ当然ですけどね。
 そう言えば,この4月の異動で,長谷川さんは横浜地裁に異動したみたいですね。なかなかユニークな判決が多かったと思いますが,裁判官出世すごろく的にはどういう類の異動なんでしょうかねえ,ムフフフ。

 このブログではまともな事件の紹介はしないと言っておきながら,2件続けて大真面目な事件(最高裁のやつ)を紹介しましたので,おかげ様で後継ブログのネタが無くなってしまいました。
 なので,原則に戻り,オモシロ判決の紹介をする次第です。

2 問題点
 原告の提示した訴訟物はシッチャカメッチャカな上(本人訴訟),判決上もあまり整理されていないので,ちょっと不明です。
 普通は,委任契約の間での話ですので,善管注意義務違反(644条)や契約の条項違反などの債務不履行責任を問うのがデフォーです。さらに,懈怠の程度がひどい場合は,不法行為責任を問うのでしょうね。
 でもそれ以上に,特許庁公認の内容証明がどうのこうのとかいうのは,ちょっと何言ってるかわからない~♫となります。

 ただ,そういう請求を立てて,弁理士に訴訟までしたとなると,依頼者の怒りはかなりなもので,何故こうなった?ってことが重要とは思います。でも,判決はそこまでの経緯は書いていないのですね(A教授VS蛇蝎先生の事件は,結構経緯がわかりましたよ。)。

 まあ,判旨に行ってみますか。

3 判旨
「イ  上記アの事実関係によれば,①本件特許出願に係る書類及び本件拒絶理由通知に対する手続補正書ないし意見書の作成に当たり,原告が表明した意向を受けて被告が書面の案を作成して説明を行い,これを受けて原告が意向を改めるなどした結果,本件特許出願に係る書類につき平成28年2月13日頃に,上記手続補正書及び意見書の内容につき同年9月11日にそれぞれ原告と被告との間で合意した内容を原告が本件委任契約に基づき被告に対して記載を求める内容として確定させたこと,②被告が上記各合意内容どおりの内容を記載した上記各文書を特許庁に対して提出したことが明らかであるから,被告が特許庁に対して提出した上記各文書に記載のないものは,原告が被告に対して記載を求めた内容に含まれないとみるべきである。そうすると,アイデア書(甲5)の内容,モータ駆動部に関する文章及び原告の主張する前記補正内容につき上記各文書に記載されていない部分があるとしても,被告がこれを記載しなかったことが応答ないし補正義務違反等に当たるとは解されない。
ウ  原告は,被告が電話口において無言を貫くなどして何らの対応もしなかったと主張するが,前記認定事実のとおり被告は原告と文書の交換及び対面での打合せを行うなどの対応をしているのであるから,電話口において無言となることがあったとしても,これをもって不法行為に当たるとは認められない。
⑵  次に,進行方向別通行区分の発明に関する詐欺をいう点についてみるに,前記前提事実⑶イ及び証拠(甲4の2)によれば,被告は,進行方向別通行区分の切り替え式は本件請求項10に記載したものであって,特許庁から特許出願を拒絶すべきものとされている旨を文書により原告に伝えたものであるところ,本件拒絶理由は本件特許出願に係る請求項全部について出願を拒絶すべき理由があるとしている。そうすると,上記文書の記載が虚偽であるとは認められず,被告の行為が詐欺に当たると解することはできない。
⑶  さらに,ねつ造ないし文書管理義務違反をいう点についてみるに,原告がファクシミリ送信した文書につき原告が被告に対して問い合わせたことは当事者間に争いがない一方,本件の証拠上,被告がファクシミリの故障を理由に文書が存在しない旨回答したと認めることはできない。そうすると,被告にねつ造の事実ないし文書管理義務違反があるとは解されない。
⑷  したがって,その余の点につき判断するまでもなく,原告の第1請求は理由がない。
2  争点⑵(第2請求及び第3請求の成否)について
  原告は,上記拒絶理由通知に対する反論が難しいという被告の見解についての特許庁公認の内容証明の提出(第2請求),上記出願書類において原告の発明の内容を記載した文章ないし図面の場所の特定(第3請求)を各求めるが,特許法その他の法律又は本件委任契約上,上記の内容証明の提出及び場所の特定をする請求権が生じるということはできない。
  したがって,原告の第2請求及び第3請求は理由がない。」

4 検討
 判旨だけ見ると,概ね弁理士は依頼者との合意とおりやっていて,特段責任は無いように見受けられます。つまりは依頼者の思い込み,って結論です。でもそれは判示だけですから,何やら深い理由があったのかもしれません。

 ちなみに,判決では出願番号の開示もありますし,それからJplatpatで揉めた依頼者(個人)と弁理士も特定できます。そうすると,うーん,これ特許が取れてるなあ,特許が取れてるのに,これだけ揉めてるって・・・?

 さて,このブログは弁理士の人もたくさん見ていると思いますので(ログは取っていますよ。DNSが自前の事務所は・・・結構ありますね。),ほら見たことか,個人の発明なんて扱うからこうなるんだよ,という感想が多いのではないでしょうかね。

 まあ今は出願件数が少なくなっているとは言え,弁理士の方が弁護士よりも客筋が良いのがデフォーです。私も弁理士の先生に仕事を紹介するときに悩みますもんね。自分でもやらないことはないのですが,win-winの関係ってやつ?,で,出願は弁理士に頼むことが多いですよ。ですが,こういうのを依頼すると有り難迷惑かなあと思うことはしばしばです。

 いや,だって,こっちは,コンスタントに依頼してくれて,金払いの良い大手のお客さんをいつもいつも相手にしているのに,何故そんな数年に1件しか出願しないような,しかも金払いの悪そうな所の仕事をしないといけないのだ?ってことがアリアリですもんね。さすがに,勘の悪い私でもわかりますよ。

 今は,多少良くなっているとは言え,そういう態度はどうかなあって所ですね。
 だって,東芝が今傾いて,絶賛倒産寸前でおりますが,東芝をメインクライアントとする某S1事務所と某S2事務所の窮状が漏れ伝わってきますもんね。なので,中小ベンチャーを馬鹿にしていると,そのうち痛いしっぺ返しが業界全体に来ると思いますけどね。

 例えば,日本,US,EP,中国の全ての明細書と主な技術文献を学習データとしたAIにより,主クレームと実験データ等を入力すれば,各国語による明細書がたちどころにできる!なんてものは,ここ数年のうちに開発されると思いますよ(不完全なものなら,既にあります。)。
 そしたら,出願費用削減こそが至上命題の大手企業の知財部なんて,そういうソフトに殺到するんじゃないですかね。

 勿論,そういうソフトウエアを開発するのは中小ベンチャに決まっていますので,そういうソフトの特許を出願するような事務所が生き残っていくってことになりますな。

 祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり,沙羅双樹の花の色,盛者必衰の理をあらわす。驕れる者久しからず,ただ春の夜の夢のごとし。

5 追伸
 まあ平家物語の出だしくらい諳んじてるんじゃあ,という教養を見せつけた所で,本題に入りましょう。今日の桜です。

 今日は,目黒川を河口まで下ります。
 
 まずは,いつものとおりの山本橋が出発です。いやあこれは満開ですね。
 
 次は大崎ブライトコアと大崎ニューシティを結ぶ橋(名前はないかな)からです。これは陸側です。
 
 これが海側です。まああんまり桜が目立たず,イマイチですね。さらに下ります。
 
 これは山手通りにかかる居木橋からです(陸側)。さらに下ります。
 
 河口に来ました。昭和橋から海側です。ほぼ運河って所ですね。東品川海上公園に入ります。
 
 おお遊覧船はあの水門を通って来ているのか~ということがわかりますね。で,Uターン,戻ります。
  
 荏原神社の前にかかっている荏川橋の近くです。桜のトンネルって感じですね。さらに戻ります。
 
 第一三共の近く,御嶽橋を背景に,新幹線と桜の組み合わせです。さらに戻ります。
 
 山手通りの居木橋まで戻ってきました。
 
 森永橋近くの枝です。さらに戻ります。
 
 小関橋から海側です。GCOの裏側ですね。今日は遊覧船もチャーター船もたくさん往来してました。

 さて,明日はどういうルートで散歩しますかなあ。
PR
1 これは,今やっている特許制度小委員会で議論された,恐らく特許庁から出てきた案です。

 まあ,これは経緯から説明しないとわからないでしょうね。

 実は,現在,特許に関して,けっこう抜本的な改正の話が進んでいます。正確に言うと,特許だけではなく,知財の紛争処理という名目です。

 要するに,昨今,特許出願もサッパリ少なくなった,特許訴訟もサッパリ少なくなった,日本発のイノベーションもサッパリ起こらん,それは知財の紛争処理システムがちゃんと機能してねえからじゃないか,という話がありましたので,ここ3年くらい,様々な会議体で議論をしていたのです。

 まずは,約3年前の,知財紛争処理タスクフォースからです。このブログでも少しだけ紹介しました。

 つぎに,約2年前の,知財紛争処理システム検討委員会です。これは,知財紛争処理タスクフォースで議論した内容をさらに具体的に検討するというものです。やはりこのブログでもちょっとだけ紹介しました。

 そして,それが改正条項等の具体的な検討へ,ということで,特許制度小委員会に移り,ここ1年くらい検討していたということになります。
 ちなみに,メンバーはこんな感じです。

 淺見 節子  東京理科大学大学院イノベーション研究科教授
 蘆立 順美  東北大学大学院法学研究科教授
 飯田 香緒里  東京医科歯科大学研究・産学連携推進機構教授
 金子 敏哉  明治大学法学部准教授
 國井 秀子  芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科教授
 東海林 保  東京地方裁判所知的財産権部総括判事
 杉村 純子  プロメテ国際特許事務所代表弁理士
 高林 龍  早稲田大学法学学術院教授
 辻居 幸一  中村合同特許法律事務所パートナー弁護士・弁理士
 戸田 裕二  一般社団法人電子情報技術産業協会法務・知的財産権委員会委員長 株式会社日立製作所知的財産本部副本部長兼知財ビジネス本部長
 萩原 恒昭  一般社団法人日本経済団体連合会知的財産委員会企画部会委員 凸版印刷株式会社執行役員法務本部長
 長谷川 英生  株式会社名南製作所取締役
 春田 雄一  日本労働組合総連合会経済政策局長
 別所 弘和  日本知的財産協会副理事長 本田技研工業株式会社知的財産部長
 宮島 香澄  日本テレビ放送網株式会社報道局解説委員
 矢野 恵美子  日本製薬工業協会知的財産委員会専門委員 アステラス製薬株式会社知的財産部次長
 山本 和彦  一橋大学大学院法学研究科教授
 山本 敬三  京都大学大学院法学研究科教授

 まあ錚々たる顔ぶれです(敬称略)。

2 で,今回上記のとおりのまとめが出たわけです。特許庁のサイトで見れますので,ちょっと見た方がいいと思いますよ。

 軽くまとめると,こんな感じです。

Ⅰ. 適切かつ公平な証拠収集手続の実現
特許権侵害訴訟における証拠収集手続については、「知的財産推進計画2016」において、「営業秘密の保護や濫用防止を考慮した適切かつ公平な証拠収集手続が実現されるよう、書類提出命令を容易に発令できるようにするための仕組みや証拠調べにおける査察制度(裁判所が選任した中立的な第三者の専門家が被疑侵害者に対して査察(工場等への立ち入り調査等)を行う制度)の導入等について、検討する必要がある」とされた。
 本検討事項については、特許権の侵害訴訟では、技術的に高度な専門的知見を基にした適切な判断が求められることや、特に製造方法の発明等で証拠が被疑侵害者側に偏在し、構造的に侵害立証が困難であるといった特殊性に鑑み、証拠収集手続を強化する措置を講ずる必要があると考えられる。
 ただし、制度設計にあたっては、権利者と被疑侵害者の攻撃防御のバランスや、被疑侵害者の営業秘密の保護及び証拠収集制度の濫用防止、一般の民事訴訟に関する規律との整合性について考慮する必要がある。
 以上を踏まえ、中立的な第三者の技術専門家に秘密保持義務を課した上で証拠収集手続に関与できるようにする制度、及び書類提出命令・検証物提示命令のインカメラ手続で書類・検証物の提出の必要性を判断できるようにする制度の導入について、特許法の改正を視野に検討を進めることが適当である。

→要するに,査察を検討したけど,査察の導入はせん!代わりに,中立的な第三者の技術専門家が証拠収集手続に関与できる新制度を導入する,ってことです。報道も一部されています。
 あ~あ。

Ⅱ. ビジネスの実態やニーズを反映した適切な損害賠償額の実現
特許権侵害訴訟における損害賠償額については、「知的財産推進計画2016」において、「ビジネスの実態やニーズを反映した適切な損害賠償額が認められるよう、通常の実施料相当額を上回る額の算定を容易に行い得るようにするための方策及び実態に即した弁護士費用等の知財訴訟に必要な費用の請求を容易に行い得るようにするための方策等について、検討する必要がある」とされた。
 本検討事項については、現行制度の運用状況やビジネスの実態を踏まえ、権利者と被疑侵害者とのバランス、差止請求権との関係、民事法体系との整合性等に留意する必要がある。
 また、我が国裁判所で認定された特許関連訴訟における損害賠償額は、米国と比べて著しく低いとの指摘があるが、近年、米国の裁判官による認定額と比較した場合は必ずしも低いとはいえなくなっていることに留意する必要がある(別紙1)。加えて、損害賠償額の算定は被疑侵害品が販売される市場の規模によっても左右されることから、日米の市場規模の違いを勘案する必要もある。さらに、米国においては、近年、陪審による高額の損害賠償額の認容が問題視されている状況も考慮する必要がある。
 こうしたことから、ビジネスの実態やニーズを反映した適切な損害賠償額の実現に向けては、まずは証拠収集手続を強化する立法的な措置を通じて、より適正な損害賠償請求が認容されやすい環境を整えた上で、損害賠償額の認定に関する裁判所の運用や国際的な動向を注視しつつ、引き続き慎重に検討を進めることが適当である。

→要するに,何もせん!ってことです。ケッ!

Ⅲ. 権利付与から紛争処理プロセスを通じての権利の安定性の向上
権利の安定性の向上については、「知的財産推進計画2016」において、「特許権の有効性に関する特許庁の判断を裁判所がより参照できるようにするための制度や侵害訴訟における訂正の再抗弁の要件緩和等について、検討する必要がある。権利付与段階に関しては、特許庁における審査・審判の質の向上に向けた取組を更に進めることや弁理士・出願人といった特許の出願側においても一層の対応が必要である」とされた。
 本検討事項については、我が国の特許権侵害訴訟や無効審判の現状に鑑みるに、国際比較の観点からも、特許権は一定程度安定していると評価できる(別紙2)。また、特許庁と裁判所の特許無効の判断基準が異なることとなるような制度変更は適当ではないことにも留意する必要がある。
 こうしたことから、権利の安定性については、権利の早期安定化のために導入した特許異議申立制度の効果を確認するとともに、裁判所による特許の有効性に関する判断の動向やユーザーニーズの状況を注視しつつ、引き続き慎重に検討することが適当である。

→要するに,何もせん!ってことです。

 Ⅲは兎も角も,ⅠとⅡはマジか!って感じです。

 ここ3年ぐらい,色々と~様々に~検討した結果,第三者の技術専門家が証拠収集手続に関与できる制度を作るだけ!に落ち着いたという有様です。いやあ本当お疲れ様でした(オカダカズチカ風に)。

 いやあダメだなあ,この国。

 だって,今のままじゃダメだから,今の制度を変えようと言ってたのに,今のままでもあんま不都合がないから変えるのはナシよ!っていうわけですよ。大山鳴動して鼠一匹とはこのことですなあ。本当バカバカしいというか,バカそのものですわ。

 やはり,既得権益者に議論させると結局こうなるんですなあ。
 今年は2017年ですが,霞が関周辺に,ゴジラの光線かコアの割れた彗星が落っこちて欲しいもんです,本当に。

4 追伸
 ほんで,本日,この上記の案が公開されるとともに,パブコメがかかったらしいです。と言っても,単なるアリバイ作りですけどね。

 だって,今更査察を復活せんかとか,法定損害賠償を導入せんかとか書いた所で誰が聞きますかね。そう所詮,(皆さんご一緒に),この世の中の99%はプロレス~(ロス・インゴベルナブレス・デハポン調で)ですからね。
1 まあどうしようかと迷いましたが,一応触れておきます。

 今朝の日経の朝刊の一面のトップ記事ですよ~。もうこの時間なら見た人は多いと思いますね。
 私も,お!久々特許の記事,しかも職務発明!すわ何事!という感じで読んだのですが,実にしょうもない内容でした。

 基本,2つのことしか言ってません。三菱電機とトヨタの,職務発明の報奨の話です。三菱電機の方は,上限をなくした,トヨタの方はちょっと良くした,これだけです。

 しかも,トヨタの話の方は,ちょっと前(昨年末)に中日新聞に載っていた内容と全く同じです。
 何じゃこれ,給料分の仕事しろよって感じですなあ,実に。

 まあですので,感想としては,今日はネタが無かったのねえって感じです。どうせ無いなら,もうちょっと気の利いた記事を書けばいいのにねえ。
 例えば,北朝鮮の暗殺団の話とか,ななみん卒業だとか,あと今日は猫の日なので,犬より猫が来てまっせ~でも猫好きは血統書とかにあんま拘らないので,ブリーダー界隈に金は落ちませんよ~とかね。

2 まともな話もちょっとしておきますが,最先端の職務発明スキームって,弁護士とか弁理士とかに聞いてもわかりませんよ,正直。

 職務発明の相当の利益って,結局社員の処遇をどうするかって話ですので,普通の大企業はそんな大っぴらにしてませんからね。
 え,だって,ソニーでもいいですけど,勤続○年で職種●の場合,年収はいくらかって,個別具体的に公開していますかね。してませんよね。新入社員やモデル年収とかの公開をしている会社はありますが,実際どうかっていうのは,殆どの会社は公開しておらず,だからこそ,そういう特集をする週刊誌とかにニーズがあったりするのです。

 だから,職務発明スキームづくりに困ったら,ここのところの私にとって,帝国陸軍においてはソ連,帝国海軍においては米国,に当たる,知財協に尋ねてみた方が早いと思いますね。知財協ではかなりのノウハウが溜まっていますし,会社の担当者同士での交流も盛んなので,一番良いと思います。

 だから,本来,今日の日経のようにチョコチョコ出すのではなく,会社の特性に応じて,こんな感じでやるといいと思いますよ,てなことを知財協がオープンにやってもらうと一番良いのですけどね。
 とは言え,そういうことをやらないから,日経に地位が低いんじゃあと書かれるわけで,それでもそう書かれても一顧だにしないのでしょうね。
1  2  3  4  5  6  7  8 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]