忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,昨日の日弁連主催の研修です。
 大体知財の研修というと,弁理士会のが多いですね。ま,私が未だに弁理士会研修所の運営委員をしているということもあるとは思いますけどね。

 ただ,やはり弁護士会,日弁連の知財の研修って圧倒的に量が少ないです。1年にせいぜい二回程度でしょう。
 で,そんな量の少ない日弁連の研修ですけど,昨日珍しく開催されましたので,行ってきた次第です。

2 場所は,クレオで,かなり広く使っておりましたので,聴衆が沢山来る予定だったのでしょう。しかし,来た人は分かると思いますが,本当ポツポツの出席で,いやあ,知財立国だとか言っている割に,どこもここも不調だというのがよくわかります。

 それでも,顔と名前の一致するよく見る先生の顔も見られました。勉強熱心ですね。

 で,スケジュールは,朝から夕方まで一日中でした。
 午前中に,改正法の解説(著作権法,不正競争防止法),午後は,判例の概観(著作権法,特許法),最後は,債権法改正と知財,こんな感じでした。

 今年は,知財のすべての法域で法改正があるという年ですので,改正法の解説は非常に興味があるところで,しかもそれ以外も判例の概観と債権法改正絡みのことということで,昨日は一日中,クレオに居ました。

 ほんで,それからすると,まあ尻すぼみって感じですね。

 午前中の,改正法の解説は良かったです。
 特に,著作権法改正の解説ってなかなか聞く機会ないのではないですかね。解説者は,NOTから文化庁に出向している65期の澤田将史弁護士でした。
 
 著作権法改正の解説というと,ビジネスロージャーナルの,9月号に結構詳しいものが載っています。これはなかなか秀逸ですね(森濱の池村弁護士の執筆です。)。だけど,これだけ読んでも・・・という所があり,ちょっと聞きたかったのです。
 ですので,これだけでかなり満足でした~。いやあ,一層,二層,三層,よくわかりました。

 で,続いて,不競法改正の解説は,プロパーでちょうど20年前に入省した渡邊佳奈子さんでした。この解説何が良かったって,解説者がワタシ好みの妙齢の美人で,それが実に最高でした~。ムホホ。
 いやああんな美人と・・・ムフフフみたいな妄想をするのは最高~ですね。岩永センセ,ストライクゾーン広いですな~という感じですが,そうです,JKパパ活から妙齢の合コンまで,イケるときはトコトン行きまっせ~♡という所です。

 おっと,脱線が過ぎますかね。時期的に法曹の品位~がまた問題になっても困りますからね,ウシシシ。

 さて,何の話だったかというと,不競法の解説,なんかずいぶんこなれてきたって感じがします。あと,限定提供データはまだまだようわからん,ということが多いみたいなので,ガイドラインを出す予定だそうです。これが出るとかなり理解しやすくなるでしょうね。

 で,昼飯食って午後です。
 ここの所,昼飯は,農水省の日豊庵です。裁判所の地下にあってよく使っていた日豊庵が潰れてすき家になったということは,ここでも書きましたが,やはり昼は蕎麦!ということで,よく農水省に行ってます。

 農水省の日豊庵の何がいいって,セキュリティのこっち側にあるので,入館の手続が不要なのです。さくっと普通の蕎麦屋と同じ感覚で入れます。
 ほんで,何を頼むかと言うと,まあよく行っている人は分かると思うのですけど,二食蕎麦ですね。小さい冷たい蕎麦と,日替わりの大きな蕎麦の組み合わせ,です。
 なかなかボリュームがありますが,それで550円ですからね。私のような貧乏負け組弁護士からすると,実に助かるわけです。

 おっと,またまた議題から逸れました~。

 で,戻すと午後は,上記の池村弁護士が解説する著作権法判例の概観からでした。
 ほとんどの判決は知ってましたが,やはりときどき知らないのも出てきて,こういうのは重要だなあと思いましたね。

 さて,昨日の研修で良かったのは,結局ここまででした,結果的に。あとは帰った方が良かった感じでしたね。
 池村弁護士の次は,特許法の判決の概観ということで,結構有名な弁護士が解説したのですが,これがもう酷かったです。

 自分の原稿を下を向いてボソボソ読んでいるだけ!
 何言っているか分からないし,レジメも判決をそのまま引用しているだけなので,何を言いたいかもさっぱり分かりませんでした。

 ま,こう思っていたのは私だけではないようで,しばらくすると,周りの方々も櫓を漕いだり,スマホをいじったりして,超つまらなそうでした。
 私の方も,こんな感じだと,いつもは眠くなるのですが,昨日は眠くなりませんでした。というのは,怒りですね。こいつ,人に説明する気がねえなあ,前向いてハキハキ喋れと,本当野次りそうになったくらいですから。

 まあ書面を書くとまた違うのでしょうけど,色々アレだなあと思った次第です。

 で,その次の債権法絡みの話は多少マシでしたが,今度は内容がアレでした。
 なんか知りませんが,民法の復習みたいな話(改正法と関係ない部分も,ということです。)が沢山で,アレ,今日弁理士会の研修だったかな~と勘違いしたくらいです。

 いや弁理士会の研修なら弁理士相手なんだから,民法って言っても大して分かってない人達相手で詳細に色々説明しないといけないとは思いますよ。でも,弁護士相手の研修で,何でこんな分かりきった話から話すの,アンタ,って感じが実にしました。

 やっぱ具体的にやらないといけないわけです。
 ライセンス契約のこんな条項は,改正法でこうなるからこう変えてた方がいいだろうとかね,あとアプリの約款のこんな所はこうすべきだ!とか,そういうやつですよ。説明すべきは。分かってないねえ~。

 こうして振り返ってみると,何だか官の方の人材の豊富さに比べて,民の方はイマイチだなあと感じます。大丈夫かねえ,弁護士会も・・・~そういう所です。

3 そんな感じでしたが,非常に意味のあるものだとは思います。こういうのを改正があった年は毎年やって欲しいですが,どうなんでしょ?
PR
1631  1630  1629  1628  1627  1626  1625  1624  1623  1622  1621 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 7 8 9
11 12 13 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]