忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 昨日は,日経紙は休刊日ということで,法務面の特集はありませんでした。
 ほんで,今日は特段何もないはずですので,ボケーッと新聞を見ておったところ,結構面白い記事がありました。それが首記の地理的表示(GI)の件です(日経紙の23面)。

 ま,地理的表示って,今年の6/1から施行されました。詳細には,私のブログでも書いたとおりです。

 で,今回の記事は何がいいかというと,6/1の初日当日に申請してきたGIを載っけているのですね(大元の農水省のHPを見ましたが,農水省自体は公表していないようです。)。
 19件あります。夕張メロン,知覧茶・・・です。何が申請されているかは,まさに日経紙を読んでね~という所だと思いますので,私も引用はこの程度にしておきます。

2 で,この地理的表示って,従前の商標,特に地域団体商標とかと何が違うのでしょうね。

 これをね,弁理士の人に説明してもらうと,ああ弁理士だなあっていうのがよくわかります。
 恐らく説明としては,どういうものが登録できるか説明し,どういう人(団体)が登録できるか説明し・・・ってなるでしょうね。
 要するに,要件から入るのです。

 ま,これって間違ってはいないと思いますが,説明を聞く方としては迂遠ですし,若干ピント外れって感じがしますね。AかBかと尋ねられ,Cではないと答えるというパターンですわ(ちなみに,この喩え話は,私のエンジニア時代の上司(部長)が,怒鳴る前によく言ってた話です。怒鳴るのはさて置き,この喩え話は,物の本質をよく突いてますわ。)。

 やっぱねえ,効果から入ったほうがわかりやすいと思うのですね。特に,もしものことがあったときの効果ですわ。
 普通の商標と地理的表示の違いが一番大きく出るのは,このときでしょ。だから,まずはこれを説明しないとね。

 つまり,普通の商標って,真似(侵害)があったときは,自分で弁護士を雇って,警告書を発し,それでもやめなければ訴訟などをしないといけません。勿論,弁護士に任せれば自らやる必要はないのですが,金は払わないといけません。
 他方,地理的表示は,真似(侵害)があったときは,行政に任せればいいのです。つまり犯罪があったときに警察に通報するみたいに,自分で何かやらないといけないってものじゃないのですね。警察にいちいち料金を払わないのと同様,金はかかりません。

 全く違うでしょ。だから,個人の金勘定で警察が動かないのと同様(民事不介入),個人で地理的表示を保有するってできないのです。このような効果に大きな違いがあるので,どういうものが登録され,どういう人(団体)なら登録できるかってえのが,逆に決まってくるわけです。

 こういう風な説明の方がわかりやすいと思いませんか?

 私は偏った弁護士ですが,別に特別な勉強や指導を受けて司法試験に通ったわけでもなく,特殊なルートで弁護士になったわけでもありません。ということは,多くの弁護士は,私のように,効果から考える,ケツから考えるということをやると思います。
 そして,普通はその方がわかりやすい説明になると思うのですね。

 例えば,最近,知財を担保にした金融みたいな話もちょくちょく出てきます。特に中小企業と知財という切り口の場合,必ずお題目に来そうな話です。
 それはそれでいいのですが,このときも,やはりポイントは上記のとおりです。つまり,金を返せなくなったらどうするんだ?って所です。

 知財を担保にしているんだから(譲渡担保とか質権とかね。),金払わなきゃ,それをぶんどられるんじゃないの~って所までは想像できます。でもねえ,よく考えてくださいよ,質権で強制競売したって大した金にはならないでしょうし,譲渡担保で権利者となったとしても金融機関がどう実施するんだ?という話です。
 で,こういうのを債権回収っていうわけですが,ここまで来ると,別に知財に限らず,債権回収のディープなノウハウみたいなところに入ってくるわけです。つまりは,個々の金融機関の債権回収ノウハウ~だからこそのポイントだし,恐らくこの部分を突っ込んでみた所で,大した答えは返ってこないでしょうね。

 兎も角,弁護士の目の付け所ってのは,ケツからですよ。特に,上手く行っているときではなく,上手くいかなくなったとき,トラブルが発生したときの効果,ここを考えると全体のスキームを上手に把握することができるのですね。

 結局は目の付け所~みたいな話に脱線しましたが,ま,そういう脱線した方がいいでしょ。地理的表示の説明を延々とやってもつまんないもんね。

3 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日はここ山本橋に来ております。
 
 いやあ,目黒川が緑々してますね~。これは汚い~。
 で,下流に行きます。どんどん下り,ちょっと都心側に行くとここ楽水橋です。
 
 右手が東京海洋大学付近ですね。
 
 楽水橋から反対側です。しかし,今日は空が青いです。雲ひとつありません。ただ,風は強く,台風が近づいているかなあって感じです。
 そういうのもあって夏!って感じがしますねえ。
 
 海洋大側にちょっとした公園があり,そこからです。水面に近いなあ。ここはもう運河なので,海と言っていいですよね。
 海洋大って,昔は商船大と水産大でした。合併しちゃったのですね。私は大学時代陸上部だったのですが,東京の国公立大学対抗の試合というのがありました。東京は人の数が多いので,国公立大学だけでも結構な数があります。どこもそれなりに有名な大学です。
 で,私が一年生のときに,その主幹事がうちの大学で,その準備が非常に大変でした~。あれから30年以上経っているのに,そう記憶しているということは当時は本当に大変だったのでしょうね。出場校が多いと準備が大変なのですよね。

 当時に比べると今はあまり酒も飲まずに,しかもレベルもかなり高くなったようで(今年の一年生は22名も入ったという知らせがありました。),隔世の感ってこういうことなのでしょうね。

 
 ということで,私は,ようわからん橋を渡り,品川駅方面に戻るのでした。ここから品川駅までは,実はすぐです。品川駅ってすごく海に近いのです。リニアの駅が出来て色々発展するようですが,このあまりの海の近さがデメリットになるかもしれませんね,将来。
PR
1158  1157  1156  1155  1154  1153  1152  1151  1150  1149  1148 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
11
13 15 19
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]