忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 さて,1/20となりました。件の事件についての最高裁の判決が出たわけですね。早めの報道で,すでに結論を知っている人は多いと思います。

結論:見直されてしまい,予想どおりです。ただ,本件の「ロクラク事件」に関しては,ちっともくそったれではないですね。

2 本件の「ロクラク事件」を知らないあなたはここを見ましょう。ついでにここも。さらに昨日の記事も。

 事案の概要などはそういうことです。ただ,折角の最高裁ですので,昨日と同様,一応形式は守ります。

最高裁判所第一小法廷 平成21(受)788号 平成23年01月20日判決
(1)概要
 本件は,放送事業者である上告人らが,「ロクラクⅡ」という名称のインターネット通信機能を有するハードディスクレコーダーを用いたサービスを提供する被上告人に対し,同サービスは各上告人が制作した著作物である放送番組及び各上告人が行う放送に係る音又は影像(以下,「放送番組等」といいます。)についての複製権(著作権法21条,98条)を侵害するなどと主張して,放送番組等の複製の差止め,損害賠償の支払等を求める事案です。

(2)問題点
 端的な論点は,「私的複製」(著作権法30条1項)として,複製権等の侵害の例外とならないか,結局主体は誰なのか?主体と評価できなければどうするか?という話です。 

 そして,以前書いたように,このビジネスモデルでは,事業者の関与は「まねきTV」事件に比べて若干大きいのですね。機器が汎用品ではなく専用品ですし,しかも事業者のところで録画までしてしまうパターンですから。

 ただ,知財高裁(4部)が,それまでの仮処分や本案の地裁判決を全て覆し,逆転で侵害なしとしたものですから,世間の注目を集めました。しかしながら,案の定,最高裁が弁論を開くということで,答えは予想されましたね。

(3)判旨
「放送番組等の複製物を取得することを可能にするサービスにおいて,サービスを提供する者(以下「サービス提供者」という。)が,その管理,支配下において,テレビアンテナで受信した放送を複製の機能を有する機器(以下「複製機器」という。)に入力していて,当該複製機器に録画の指示がされると放送番組等の複製が自動的に行われる場合には,その録画の指示を当該サービスの利用者がするものであっても,サービス提供者はその複製の主体であると解するのが相当である。すなわち,複製の主体の判断に当たっては,複製の対象,方法,複製への関与の内容,程度等の諸要素を考慮して,誰が当該著作物の複製をしているといえるかを判断するのが相当であるところ,上記の場合,サービス提供者は,単に複製を容易にするための環境等を整備しているにとどまらず,その管理,支配下において,放送を受信して複製機器に対して放送番組等に係る情報を入力するという,複製機器を用いた放送番組等の複製の実現における枢要な行為をしており,複製時におけるサービス提供者の上記各行為がなければ,当該サービスの利用者が録画の指示をしても,放送番組等の複製をすることはおよそ不可能なのであり,サービス提供者を複製の主体というに十分であるからである。

以上によれば,本件サービスにおける親機ロクラクの管理状況等を認定することなく,親機ロクラクが被上告人の管理,支配する場所に設置されていたとしても本件番組等の複製をしているのは被上告人とはいえないとして上告人らの請求を棄却した原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,上記の機器の管理状況等について更に審理を尽くさせるため,本件を原審に差し戻すこととする。」
 なお,裁判長の金築さんの補足意見があります。

(4) 検討
 まあ,これは仕方ないですね。カラオケ法理の流れからしても,若干知財高裁の判断は,おいおい,というところが有りましたから。金築さんの補足意見には,最高裁と知財高裁の着目したポイントの違いがはっきり書かれていますので,これは注目ですね。

「カラオケ法理」は,物理的,自然的には行為の主体といえない者について,規範的な観点から行為の主体性を認めるものであって,行為に対する管理,支配と利益の帰属という二つの要素を中心に総合判断するものとされているところ,同法理については,その法的根拠が明らかでなく,要件が曖昧で適用範囲が不明確であるなどとする批判があるようである。しかし,著作権法21条以下に規定された「複製」,「上演」,「展示」,「頒布」等の行為の主体を判断するに当たっては,もちろん法律の文言の通常の意味からかけ離れた解釈は避けるべきであるが,単に物理的,自然的に観察するだけで足りるものではなく,社会的,経済的側面をも含め総合的に観察すべきものであって,このことは,著作物の利用が社会的,経済的側面を持つ行為であることからすれば,法的判断として当然のことであると思う。・・・・

原判決は,本件録画の主体を被上告人ではなく利用者であると認定するに際し,番組の選択を含む録画の実行指示を利用者が自由に行っている点を重視したものと解される。これは,複製行為を,録画機器の操作という,利用者の物理的,自然的行為の側面に焦点を当てて観察したものといえよう。そして,原判決は,親機を利用者が自己管理している場合は私的使用として適法であるところ,被上告人の提供するサービスは,親機を被上告人が管理している場合であっても,親機の機能を滞りなく発揮させるための技術的前提となる環境,条件等を,利用者に代わって整備するものにすぎず,適法な私的使用を違法なものに転化させるものではないとしている。しかし,こうした見方には,いくつかの疑問がある。
法廷意見が指摘するように,放送を受信して複製機器に放送番組等に係る情報を入力する行為がなければ,利用者が録画の指示をしても放送番組等の複製をすることはおよそ不可能なのであるから,放送の受信,入力の過程を誰が管理,支配しているかという点は,録画の主体の認定に関して極めて重要な意義を有するというべきである。したがって,本件録画の過程を物理的,自然的に観察する限りでも,原判決のように,録画の指示が利用者によってなされるという点にのみに重点を置くことは,相当ではないと思われる。
また,ロクラクⅡの機能からすると,これを利用して提供されるサービスは,わが国のテレビ放送を自宅等において直接受信できない海外居住者にとって利用価値が高いものであることは明らかであるが,そのような者にとって,受信可能地域に親機を設置し自己管理することは,手間や費用の点で必ずしも容易ではない場合が多いと考えられる。そうであるからこそ,この種の業態が成り立つのであって,親機の管理が持つ独自の社会的,経済的意義を軽視するのは相当ではない。本件システムを,単なる私的使用の集積とみることは,実態に沿わないものといわざるを得ない。・・・

原判決は,本件は前掲判例と事案を異にするとしている。そのこと自体は当然であるが,同判例は,著作権侵害者の認定に当たっては,単に物理的,自然的に観察するのではなく,社会的,経済的側面をも含めた総合的観察を行うことが相当であるとの考え方を根底に置いているものと解される。原判断は,こうした総合的視点を欠くものであって,著作権法の合理的解釈とはいえないと考える。

 最高裁に怒られましたなあ,いやあ,参った,参った。これで一番溜飲を下げているのは,テレビ局ではなく,いつも知財高裁にこんな感じで説教されている特許庁じゃないでしょうかね。知財高裁4部は面目丸つぶれですね~(一昨日の原審も4部。ただし,合議体は違います。)。

3 ということでした。
 今回の判断は,これでよいと思います。

 さて,今回の件も併せ,このようなサービスは全面的に見直しですね。基本的に機器を売るだけしか認められないという結論でしょうか。

 ただ,そうすると,大企業には有利なのですね~。私のような弱小弁護士のクライアントは中小零細企業の方ばかりで,大量生産・大量販売できる体力がありませんので,結局隙間領域で,大企業の作ったものを使ってのこそっとしたサービスしかできないわけです。もちろん,違法なものはダメですからね。ともかく,頭を使って何とかするしかありませんね。
PR
197  196  195  194  193  192  191  190  189  188  187 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 6 8
10 11 14 15 16
18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]