忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護土の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 ま,私は中高大とずっと陸上部でしたので,陸上関係の話にはどうしても聞き耳を立てます(短距離でしたが。)。
 今回の大迫傑選手の異議申立て,客観的なことはほぼ何もわかりませんが,少なくとも大迫選手の憂鬱というかイライラはよくわかるかなあという感じです。

 広い話に行く前に狭い話からにしますかね。

 知らない人も多いかもしれませんが,陸上の実業団,大迫選手は属しておりませんが,長距離を中心として,有力な選手は結構属しています。

 ところが,未だに前世紀?という変なルールがあるのですね。

 「陸上 移籍 実業団」というような検索語で探してみるといいと思います。

 例えば,これはサンスポですが,「元の所属チームを円満に退部しなかった者は無期限で登録できない」という規定が実業団の陸上にはあるのです。
 驚き~でしょ!

 つまり,トラブって辞めたら干す!と規定されているのです。明文の規定ですからね~。

 まあ,アレですよ。ナッシュ均衡というかポテンシャルの最小化と言いますか,ガチやると大変なのでカルテルを結ぶというよくあるパターンです。知財協もそういうことが発端でした。

 まあこの規定,漸く無くなるそうですが,明るみにならなきゃずっと続けていたことでしょう。おおこわ~。

2 上記のような謂わば「ムラ」の論理を優先させるというのはよくあります。

 私の田舎は大分ですが,近時村八分で,名を馳せました。このブログでも書きましたけど,何か今や2人も居るらしいです。
 この記事でいうAさんが,私も昔ブログで書いた話ですね。

 この件は,大分県弁護士会も勧告したようですが,何の効果も無かったようです。まあそれでも取り上げただけマシだとは思います。

 この記事によると,最初はみな優しい,親切だったようです。暖かい田舎~そんな感じですね。ところが・・・。

 私は,東京が好きです。
 田舎のこともこのブログでは沢山書いていますが,田舎に住む気にはなれません。仕事がない~特許の仕事がない~そりゃそうなのですが,あっても嫌です。

 最近,人があったかい~とか,人間関係が濃密~で,田舎ぐらしがいい~とかいう話を良く聞きます。
 ま,それはそれで目くじらを立てることではありませんが,愛と憎しみは紙一重ですからね。同じ神様を信じているはずの,ユダヤ教,キリスト教,イスラム教を見ればよくわかると思います(上記の村八分の話もね。)。

 私は基本的に負け組貧乏弁護士なので,オネエチャンの居るお店には滅多に行きませんが,ときどきは行きます(勿論五反田ね。)。
 そのときに,意外なことに,地元のオネエチャンだけじゃなく,関西出身のオネエチャンが結構多いことに驚きます。エ,こんな五反田に,なぜ?と思いますよね。

 まあ,下心を隠しながら聞くと,あっちは鬱陶しいらしいです。何してんの~とかね,出勤前に出くわす人によく聞かれるらしいです。でも,東京はそんなことがない,誰も何してようが,何の気にもしない,それがいいと言うのですね。

 確かに探偵ナイトスクープを見ていると,人情系の話がワンサカです。西田局長は,ハンカチ片手にそうなのよ~これよこれ~♡みたいにコメントしております。
 でもねえ,世の中には,そういうのが鬱陶しい~と思う人も多いのではないかと思います。

 まあ,結局,陸連も,大分の田舎も,宗教も,俺のういやつには親切丁寧,優先権も与えるけど,そうじゃないやつにはこんな目じゃ~!ということは共通していますね。

3 ういやつとそうじゃないやつでの差別,これが「ムラ」の特徴です。つまりはそれが田舎です。
 
 これは人の多い少ないだけじゃないと思いますね。
 なので,大阪はいくら人が多くても田舎であり,私には住みにくいだろうなあと思いますね。

 恐らく,大阪の人もそういう部分が気になるので,維新の会が人気なのでしょう。
 アレは,大阪都構想,という文字とおり,大阪を名実ともに「都会」にするという,それがお題目なわけです。利権としがらみ,まさに「ムラ」的,田舎的,桎梏でがんじがらめになった大阪を何とか・・・ということで橋下ちゃんの人気が出たわけですよ。
 だけど,その維新の会も,新たな利権となりつつあるのは,イノベーションのジレンマってやつですかね。

 ま,勿論,私の居る弁護士会も例外ではありません。個人的には早い所任意加入制にしてほしいし(究極の「都会化」),そうすれば万事うまくいくと思いますよ。

4 大迫選手も元々は日本の実業団に所属していました。でも,そんな「ムラ」じゃスポイルされるだけと思ったのでしょうね。

 にもかかわらず,日本のスポーツ団体のガバナンスは遅れたまま,つまり「田舎」のままです。最近も,ガバナンス改革に適用猶予が与えられるという残念な報道もありました。

 とは言え,弁護士会を初めとして,こんな組織・集団は,スポーツ界だけではありません。日本中にあると思うのですね。

 大迫選手は,いまだ日本人だという意識があるので,そういう所でも労を惜しまず汚れ役もやってくれたのでしょう。
 でも,本人も書いてたとおり,これって磨り減るのですね~(今を時めく,菅田将暉くんの歌う,ヒロアカエンディング,ロングホープフィリアの出だしはそんな歌詞です。)。

 変わらねえ,ずっと田舎でムラのままでいいなら,いいぜ別に~と思わせるなら,それは日本にとっての損失です。
 なので,大迫選手だけではなく,日本中のいたるところで,そういう失望を味わって,もういいやこんな組織,集団,そして国~あばよ,そう思わせていることが多いのではないかと,私は思います。

 私自身は器用貧乏ではあるのですが,意外とどんな変化でも対応出来ちゃうようなので,今の仕事にもこの国にも,どうしてもしがみつかなきゃいけないってことはありません。だけど,みんながみんな,そうじゃない。
 それ故,大迫選手の憂鬱を近々に解消できるといいなあと思っています。

5 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここ山本橋に来ております。
 
 風薫る5月~♫みたいな情景になっております。
 
 本日は,東京はシトシトした雨です。しかも気温が高いもんだから,梅雨のはしりみたいな感じにもなっております。
 私は寒くなけりゃ何でもいいので,こういうのでも平気です。

 さて,今日が24日なので,平成も残すはあと1週間です。
 思えば,平成というのは,上記のとおり,昭和のサクセスを捨てられなかった時代という感があります。令和は全部ドカンでガラガラポンで行くしかないと思うのですけどね。

 

 
PR
1710  1709  1708  1707  1706  1705  1704  1703  1702  1701  1700 
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
3
10
12 16
18 20 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護土・弁理土
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を目指したのはもう30年以上前のこと。某メーカーでの液晶ディスプレイのエンジニアを経て,弁理土に。今は,弁護土です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]