忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,昨日弁理士会館であった研修です。

 お題は業界内で今話題の機械翻訳の話です。

 で,人工知能というと,先般ディープラーニングも軽々とできる東工大のTSUBAME3.0のシンポジウムに行ってきました。
 ニューラルネットワークを用いて画像を見つけるやり方などの講義があったわけです。

 今回もその延長線上にある話と言って良いでしょうね。

2 前半は,統計的機械翻訳の話でした。そして,後半がポイントのニューラル機械翻訳の話でした。所謂AIだとかディープラーニングとかと関係有るのは,後半の話なわけです。

 まあこの話が業界(弁理士業界)で話題になったのは,去年の秋のグーグル翻訳の大進歩に端を発するのですね。それまでたどたどしかった翻訳が,普通のこういう地の文と遜色ない翻訳になった!ということで話題になったわけです。

 ただ,個人的には,そんな言うほどのもんかなあと思っていたわけです。だって,何かイマイチたどたどしかったわけです。
 まあアインシュタインの伝記ほどはひどくないですが,皆騒ぎすぎと思っていたのです。

 ところが,昨日の後半の講義を聞いてびっくりしたのは,URL等によっては旧翻訳エンジンに行ってしまうということです。え!何それ!でしょ。

 ニューラル機械翻訳を使うには,グーグル翻訳の公式URL(https://translate.google.com/)からやらないといけないようです。これまで私が見ていたものは,旧の方だったかもしれません。

 そのことが分かっただけでも昨日は行った甲斐がありました。
 特に旧と新を見分けるには,入力したテキストにマウスを当ててみるとわかるようです。ニューラル機械翻訳は文全体を翻訳しているので,語で分けず文全体が対象とされるのに対し,旧は語毎で翻訳しているので,マウスを当てると語ごとに対象とされます。

 ま,あとは,ニューラルネットワークの話はベクトルと行列の演算であり,それをたくさんたくさんやるってことですかね。この辺は,日立の矢野和男さんの「データの見えざる手」を見ると分かりやすいかもしれません。

 なので,実に良い研修でしたね。

 ただし,イマイチな点も無いことも無かったです。
 まず,最初の講師の先生のマイクの使い方が悪くて後ろの方に居た私には,聞き取れないことがありました。どうも口からマイクを離す癖があるようでした。最近,外部会場が取れず,弁理士会の3Fでやることが多いので,ちょっと遅れると後ろの方に追いやられてしまうのですね。

 つぎに,元弁理士会会長の変な講義。これは要りません。研究者二人が十分な講義をやった後,何故か元弁理士会会長が出てきて,ほぼ雑談というか雑学レベルの話をし始めたのですね。いやあ酔客が乱入したのかと思ったのですが,違いましたね。
 雑学レベルの話は,弁理士みんなプロなんですから,要りませんよ。

 恐らく,この研修自体の音頭を取ったのが,この元弁理士会会長のために,大人の事情で,こういう元会長コーナーを設けたのでしょうね。でも~要らんものは要らん~♡弁理士側の事情説明をする必要があったならば,講師の研究者と同様の,現役バリバリの若い人で良かった筈ですね。

 とは言え,全体的には非常に良かったと思います。

 ただ,こうなると,特許翻訳の仕事は大打撃でしょうね。まあでもそれは特許翻訳だけではなく,弁理士の仕事もどうなのかなあって言う気がします。
 いや,人工知能が明細書を書くようになるっていうのは単純ですが,それは過渡期の話でしょう。

 特許というのは客観的なもののはずなので,明細書システムではない特許システムがAIにより実現できるでしょう。つまり,仮想特許空間を作って,そこに特許を登録できるようになる・・・つまりは不動産の登記のように~♫
 何か発明して,その発明が空いている場所だったら,そこに登録していくわけですね。こうなると,弁理士自体要りません。

 というようなことを考えると,将来残りそうな法律系の仕事って・・・客観的では割り切れない離婚とか,そういうドロドロ系の仲裁くらいですかなあ。ムフフフ。
PR
1 GWも終盤突入です。私の方は,華麗に海外~♡なんて訳にはいきませんので,比較的近場の茨城にサーフィンに行ってきました。

 茨城でのサーフィンは2回めですかね。前回は,京知釜でもう5年前ですか~結構昔ですね。

 今回のポイントは,大洗サンビーチという所でした。
 実は,まずは一番有名な阿字ヶ浦というポイントに行ったのですが,何とフラット!。まあ噂では殆どダメということを聞いていたため,そうだろうなあと思ってはいたものの,まあそういうことでした。

 なので,そこより少し南下し,潮干狩りでも有名な大洗サンビーチの方へ移動しました。
 写真は,ありません。駐車場からポイントまでが見通せないので,致し方ありません。iphoneをサーフィン中に持ち歩くわけには行きませんからね。
 そう言えば,GOPROとかで有名なアクションカメラというのがあるじゃないですか。あと,スマートウォッチというのもあるじゃないですか。だから,スマートウォッチに,アクションカメラの機能をつけたやつ(勿論防水)ってないのでしょうかね。

 そういうのがあれば,サーフィン中の画像をもっと手軽に撮れるのになあと思った次第です。

 で,話を戻しますと,サンビーチはいいですねえ。波は膝・腰って言っても,ほぼ膝ですかね。私ですらもう少しサイズアップしてもいいんだけど・・・くらいでした。
 水温も湘南よりは一段冷たいかなあというくらいですが,まあシーガルでいけないこともないでしょう。現にいましたし,さらに,上がロングスリーブのタッパー,下が海パンだけって人もいましたね。

 さらに,岸間近では潮干狩りもやってましたし,こういうメローな感じって実に私好みですね(目を三角にしてデカ波に挑むってえのは,何事も適当お気楽な私の性には合わないのです。)。

 地元の就職活動中の女子大生(勿論サーファー)と話したり(別にナンパじゃないですからね。),足でときどき貝を探したり~ちゅうお気楽さが実に良かったです。

 GW中なので,ちょっと渋滞したのは痛かったですが,非常に楽しめましたね。

 ちなみに,明日は辻堂でサーフィンの予定ですが,何かちょっとデカくなっているみたいで,どうなるんでしょうねえ。
1 本日は5月3日。憲法記念日ということです。
 そして,1947年5月3日からちょうど70年ということで,節目の年でもあります。経済一辺倒の日経紙も1面や社説で憲法のことを扱っております。

 日経紙の中に様々な識者のコメントの欄があったのですが(28面),そこで感心したのは,元AKBの内山奈月さんですね。よくわかっております。
 結構な識者の中には,それは憲法の話じゃねーよってことをグダグダ書いている人も居るのですが,それとは真逆ですね。言いたいことを言えばいいってわけではありません,何事も。

 で,私の現行憲法に関する考えは,このブログでもよく書いております。まあこのブログは政治的なことも宗教的なことも忌避しないという,全く商売人のセオリーに反したブログなので,さもありなんって所です。

 ほんで,一応書いておきますと,現行憲法はそれ自体まずい所は数多くないと思っております。おお~っ,ネトウヨ極右のアンタがそうだっけ?と思われるかもしれませんが,それはそうです。
 ただし,致命的にマズイのは制定過程です。押し付け憲法だということは多くの人が認める所じゃないでしょうかね。しかし,その多くの人は,良い物だから多少過程に瑕疵があってもいいじゃないか~,うまく行ってんだから今更蒸し返すなよ,こういう論理が多数だと思うのですね。
 
 法律家と呼ばれる人も多くがこういう論理です。ですが,こんな論理はクソですね。

 何故か?現行憲法の核心は,デュープロセスだと私は思っております。それは,ここで何度も例に挙げますが,憲法38条2項と31条に如実に顕れております。

 なので,現状追認OK,結果オーライ派の人に聞きたいのですが,真犯人を捕まえるためなら,拷問とか脅迫とかしていいのですかね。複数人殺した現行犯人なら,裁判せずとも殺処分してもいいのですかね。

 この2つの例は,結果オーライじゃないですか。真犯人が捕まった~めでたし,めでたし,どうせ死刑になるのだ手間が省けてめでたしめでたし~♡

 でも,そういうのはやめましょうと,憲法は国家権力をしばっているわけですな。

 なのに,憲法自体の制定プロセスに瑕疵があるのに,それは無視ってやつですかね。二枚舌じゃありませんかね。法律家でもこんなことを言う人が多くて私はホントびっくりしますわ。

 なお,瑕疵を治癒する方法はありますよ。憲法改正の発議のときに,現行憲法そのものを俎上に載せればいいだけです。そうすれば,新憲法は中身OKプロセスOK,の満点~♪になるわけですわ。

2 現行憲法が施行されたのは1947年5月3日ですが,所謂A級戦犯の方々に死刑が執行されたのは,1948年の12月23日です。現行憲法施行後も,違憲の裁判(極東軍事裁判)は行われ,違憲の判決が下され,違憲の執行がされたわけですね。

 そういえば,最近話題の共謀罪ですが,何の,大したことはありませんよ。このときに,共謀で有罪になった方は沢山居ますからね。

 てなことを書くと,日本はサンフランシスコ講和条約で,「裁判を受諾し」とあるのだからいいのじゃ~と言う人もいますが(やはり法律家も多い。),英文を見てください。これは「judgements」とあるわけですね。普通,これは判決のことです。今の民訴法だって,最終的な判断のことを「裁判」という場合だってあります(民訴法243条など)。裁判プロセス全体まで受諾したわけじゃないと十分読み取れます。
 それにそもそも,憲法よりも条約が上なのですかね。違憲の裁判も,違憲の判決も,違憲の執行も,条約でOKになる?そんな馬鹿な~。

 ま,難しいことは私にはようわかりませんけどね。

3 つーことであんまり手直ししなくていい現行憲法ですが,修正はあります。一応書いておきましょう。私は常に出し惜しみはしないのです。

・9条 全体削除
 安全保障に関することは,行政の範囲内のことですので,そもそも憲法に規定すべきことではありません。日本の憲法には,特許の話も著作権の話もありません。日本は議院内閣制を取っておりますので,民主主義のコントロールは行政に及びます。戦争をするもしないも,臨機応変に決めればよいことです。

・79条6項,80条2項の削除
  お金の話は財源あってのことです。その財源には民主主義のコントロールは及んでおります。裁判官の給料も物価に応じて減らすことができたり,人を増やす場合に給料を減らすことができるようにしておくべきですね。

・43条1項
 「衆議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織し,参議院は、都道府県を代表する選挙された議員でこれを組織する。」
 ま,これは一人一票運動とかのクソ運動のように,田舎と都会のギャップを今以上に広げようとするハゲタカどもへの対策ですね。

 あとの条項は今のままでいいのではないかと思います。

 緊急事態条項とかは要りません。そんなの憲法で定めるもんじゃありません。
 また,新しい権利だとかも不要です。新しいものはいつか古くなります。誰もそんなの要求しなくなり,そしてまた更に新しい権利が勃興したら,また改正しようと言い出すのでしょうかね。特許法の職務発明制度のように,ですかね。

 こんな所でしょうかね。
 
 まあ何にせよ,議論が起こるのは良いことです。備えあれば憂いなし,ってことですからね。
1 GWの谷間ということで,昨日今日と,朝の電車もやはり空いてましたね。

 私としては,特段,9連休にして海外でも~なーんて金はありませんので,カレンダー通りでございます。
 なので,重くない小ネタで行きましょう。閲覧数から見ると,このブログをよく見ている勤め人の方々もお休みが多いようですからね。

2 まずは,今朝の日経にひっそりと載ってた大企業同士の争いです。

「生理用品の販売差し止めを要求 花王が大王製紙に」

 で,この記事読んでも仮処分を申し立てたことは分かりますが,何の権利だとか何の法律だとかさっぱりわかりません。手を抜きすぎというか,端折りすぎですわ。
 
 しょうがないので,債権者(何故こう言うかは法曹ならわかりますね。)の花王のサイトを見ると漸く少しわかりました。
 不正競争防止法!ですわ。ただ,2条1項1号(混同惹起行為)なのか,2号(著名表示の冒用)なのか,3号(形態模倣)なのか,それはわかりません。

 で,実際ですが,まずは花王の製品です。

 こんな感じのようですね。
 
 他方,大王製紙の方です。


 こんな感じです。

 似ていると言えば似ていますが,これで間違えるほど混同するか~って言うと,全然違うと思いますがね。
 まあ私は生まれてこのかた生理なんてもんになったことがないので,わかりませんけどねえ,ムフフフ。

 なので,花王も思い切ったなあって所です。29部狙いかな。

3 次は特許調査関係です。

 「Patentfield、Webで誰でも高度な特許検索・分析ができる「Patentfield」の提供開始」

 これはベンチャータイムズの記事ですね。

 ということで,基本的にグーグルパテントとよく似た感じのものだと思います。
 ちょっと試すと,無料のバージョンでもそこそこは使えるようです。とは言え,単に調査するだけなら別にグーグルパテントでもいい話。それ以上に何か違いはというと,パテントマップが簡単にできることのようです。

 しかしながら,さすがに無料のバージョンだと自由自在にパテントマップを作ることは難しいようですね。

 なので,パテントマップ等を自在に作りたいというニーズがどの程度あるかが今後の鍵のような気がします。
 調査って本当ノウハウが重要で,データベースやUIが多少イマイチでも,きちんと検索式を作ることが出来れば,きちんとした結果が得られます。逆に,凄い良いデータベースやUIのやつでも,サーチャーがアホでクソみたいな検索式しか作れない場合,しょうもない結果しか得られません。まあ当たり前ですが。

 ということで自分の癖に合うデータベースを探すと良いと思いますので,その候補の一つが出てきた,ということならばよろしいのではないかなあと思います。

 個人的には,Jplat-Patがあれば十分なようにも思えますけどね。

4 あと,2月3月必死に中出ししていた愛人関係ですが,漸く着床したようで,現在ゲラチェックをしております。

 まあこう書くと何のことだかわかる人にはわかる,ということですね。

 あ,それで思い出しましたが,先般,修習時代の同期で飲んだときのことです。

 前出したも評判良いし,セミナーとかやっても評判良い,だのに何故全く営業面の影響が無いのか~ちゅう話になったのです。
 それはあんなブログ書いているからですよ,面白くていいんだけど,アレ見て客はやめたと思うんじゃないですか~っていう結論でした。

 そうそのとおり,Exactly!,です。
 でもこれやめて大人しくするなんて,私らしくもないですからね。基本変わらずに行きたいと思いますが,何せ,気まぐれなもので,そこそこ適当にやりたいと思います。

 で,話を戻しますが,なので,夏前には何とか店頭に出るのではないかと思います。前の本は,8月の初めだったので,もう少し早く出るといいかなと思っております。

 まあしかし,この愛人関係は本当大変ですわ。身を削るっていう喩えがピッタリで,まさに赤玉終了~♫って所です。なので,今年の後半はうまく営業に結びつけられると良いのですが,結局また印税だけ~♡って所に落ち着きそうですニャー。


 
1 ついに今シーズンも始まりました。フルスーツを持っていないヘタレサーファーの私にとって,シーズンインは,大体GW~。

 本日は,友人と一緒にいつものように湘洋中前ポイント(辻堂)でまずは一発目をやってきました。

 大きさは,膝腰の波で,最初にちょうどいいくらいじゃなかったですかね。ただ,天気も良かったため,結構人が多くてそこがイマイチでしたね。まあでもこれはしょうがないですね。東海道の人が多い地域でサーフィンをやっている以上は。

 ともかくも,怪我もなく,まあまあ乗れて初めにしては十分な一発目だったのじゃないでしょうかね。

 ちなみに,去年,ボキ折れたセンターフィンは復活してこんな感じです。
 
 何かセンターフィンの割に小さい感じがしますが,まあいいでしょう。確かにあんまり曲がんないなあって感じもしますけどね。

 何にせよ,50歳過ぎて,ショートボードに乗って,フィンのことや波の大きさのことをグダグダ考えることのできるってことは実に幸せだなあって所です。

 海もねえ,そんなもう冷たくないです!ねえ,皆さん,海に行きましょう,海に入りましょう。私はもっともっとサーフィンうまくなりたいですわ・・・。
1 首記は,本日あった弁理士会の研修です。その名の通り,IoT関係の審査基準に関する研修というわけです。

 講師は,特許庁の審査第一部調整課審査基準室の藤崎詔夫係長でした。

 私も近頃,この辺(ソフトウエア関連発明)に関する仕事が様々ありますので,知識を仕入れに行ってきたわけです。

 ま,とは言え,資料はすでに特許庁が開示しているものです。
 ですので,一通り読んではいたのですが(相変わらず,勉強熱心でしょ。),自分だけで読んでいるとわからん所も多いのですよ,本当。

 なので,こういう研修があるといいですね。お陰様で23個ある事例の殆どは理解できました(14番めの事例など,自分で読んでいるだけだとさっぱりわかりませんでしたからね。)。唯一まだ理解できないのは,17番目の事例ですかなあ。

 で,こういう話題のためか,会場の弁理士会の3Fの大会議室が超満員でした!最近,研修もお金のセーブのため,よっぽどのことが無い限り外部会場を借りるということはありません。なので,キツキツでした。

 まあでも満員というのは,私はいまだ弁理士会研修所の運営委員をやっておりますので,悪くはないかなあという所です。

2 で,その弁理士会の研修所の運営委員も遂に最後の任期になりました。
 弁理士会の委員は,継続による弊害を防止するため(ちょっと前,国際関係の委員会で,一部委員による,不透明で偏頗な外国出張があったのですね。),任期の限度があるのです。

 そのため,各委員会によって違うのですが,研修所の運営委員は,2年一期で,4期8年が最長になっておるのです。なので,私は8年目になり,今年が最後のご奉公ってことになります。

 で,最後のご奉公ってことで,ちょっと教条的なことを書かせて頂きます。いつもとは全然違います。

 それは,研修の無断欠席は厳にやめて頂きたいということです。

  上記のとおり,人気のある研修は,本当満員になります。そして,そういう研修は,申込み20分程度で申込みも打ち切りになります。ああ,出たかったのに~という先生方が沢山居るわけです。
 にもかかわらず,無断欠席~♪ぶちくらっそ,こりゃ~,そん先生に譲れちゅうんじゃ,ボケ!ってわけです。

 いやいやいやいや,こっちも譲りてえんが,譲り方がわからんのじゃ,ってこともあろうと思います。
 なので,教えてあげます。

 研修所の研修の申込み画面に,便利なものがあります(URLは弁理士ならわかるでしょ。)。

 
 これは,次回私の行く研修についてですが,この(申込キャンセル)を,欠席が決まったときにクリックしていただくだけでいいのです。
 そうすると,席が空きます。残席が増えるのです。
 ですので,ああキャンセル無いのかなあと惨めったらしく見返した先生が居る場合などには,リベンジ申込みができるかもしれないのですね。

 なので,是非よろしくお願いします。
 こういうシステムがあることを意外と知らないかもしれませんので,ちょっとマジ系でらしくないのですが,周知した次第です。

 本当によろしくお願いしますよ。

3 追伸
  そう言えば,昨年電撃的にアメリカのWWEに移籍した中邑真輔ですが,漸く一軍に上がってきましたね。

 同時期に移籍したAJはWWEチャンプになるなど大活躍し,新日ではジュニアだったプリンス・デヴィット(フィンベイラー)も中邑真輔よりずっと早く一軍入りするなどして(その後怪我で長期欠場しましたが。),結構腐った時期もあったのではないかなあと思っていたのですが,やっとです。

 先週のThis Week's WWEでそのスマックダウンでの初登場の模様が大写しで見れました(ユーチューブとかにはとっくにアップされてましたけどね。)。いやあ久々,いいねえ,真輔,滾ってるねえ,クネクネしてるねえって所でした。

 大きな試合に絡んでくることを願っております。
1 大体私の行く送別会というと,ソニー時代の方々のものであり,大体それは本厚木で行われるものでした。

 で,昨日ソニー時代の方の送別会にまたまた行ったのですが,今度は五反田でした。おお珍しい~。私は近くて良かったのですけどね。

 今回はソニー国分でお世話になった方でした。
 まあここでときどき書いているとおり,私は昔LCDのエンジニアだったのです。駆動のTFTを開発するのが仕事で,しょっちゅう国分に出張していました。そのころの私がどういう生活をしていたかは,この辺を見るといいですかね。

 そのころは私の人生で最も働いたころだと思います。弁護士になってからなんて,いくら働いたって言ってもそのころ以上のことは全く無いですもんね。
 だって,今は私にとっては趣味みたいなもんです。特に特許のことは本当何年経っても飽きずに面白いもんですからねえ,好きでやっているだけ~のことが多いですわ。

 でもそのころのエンジニア時代はちょっと違います。まさにTHE仕事でした。なので,そのころ一緒に仕事をしていた人達は,同僚というよりも戦友って感じに近いと思います。

2 今回のHさんは,主として測定関係に従事していたのですね,そのころ。私はデバイス・プロセスエンジニアだったので(所謂前工程ですね。),うまく出来たかは測定してみないとわかりませんから,よくHさんの所へ行ってました。

 そのHさんがこのたびSCKを退職されたというわけです。そしてエンジニア時代の知り合いも多く集まるということで,出席したわけです。

 LCDから知財部に異動したのが,1998年なので,もう本当20年近くになるわけです。ところが,昔のように,大騒ぎして,楽しめたというのはいいですね~。
 理系出身の弁護士も最近は多くなっていますが,本当に現場出身の人ってまだまだ少ないと思います。当時はなかなか辛いことも多かったのですが,今となれば役に立つこともあるなあって気がします。

 まあ今現在辛い思いをしている人も多いと思いますが,ま,そのうち何とかなりますよ。私のように,ね。

 あと,今回,私は非常に便利だったのですが,飲み会参加者の多くが,厚木周辺在住者でした。なので,解散が非常に早かったですね。それがちょっと残念でしたかね。
 とは言え,この辺痛し痒しです。厚木でやると私が早めに帰らないといけないですからね。

 ともかくも,Hさん長い間お疲れ様でした。
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 10
11 16 17
19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]