忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 今日は月曜日ということで,日経の法務面にツッコミを入れる日なのですけど,肝腎の法務面には興味を引くようなものはそんなに無かったですね。

 ですが,5面に首記の記事がありまして,これが結構面白かったです。

2 中国というと,今や年間に100万件以上の特許出願のある国です。勿論,それには裏話もあり,クレームだけ考えれば明細書に仕上げてもらえる,しかもタダでとか,その他の補助金等もたくさんあるだとか,その手の話には事欠きません。

 だけどねえ~ってやつです。

 最近工業製品を買ったりするときには,どこで作られたかをじっくり見ますね。
 made in Chinaがあるとじゃあ大丈夫かなあと思いますし,他方,made in Japanなんてあると,これはヤバい,何か裏がありそうだと思ってしまいます。

 去年買った防水のスマートウォッチ,勿論今も動いております。サーフィンだけではなく,スノボのときも持っていき,ライディングでの映像もバッチリでした。解像度は低いですけど,実に良い買い物でした~。
 こんなの出せるかなあ,今の日本のメーカーが。しかも1万円もせずに。

 他方,一昨年買ったマウスコンピュータのデスクトップ(マウスコンピュータは国内生産で売っております。)では酷い目に遭い続けています。
 しばらくマトモだったのですが,先日は何故か立ち上がり→回復モードに入り,しかもキーボードもマウスも全く効かないという無限ループモードにハマってしまい,右往左往でした。
 それが何と確定申告の直前でしたから,本当に青ざめました~。
 その後,何とか回避し,0スタートは免れたのですが,もう嫌だ!絶対次は違うメーカーにする!と再度再度,本当に再度固く心に誓ったのでした。

 ま,昨今のいろんな日本の大企業の不祥事を見るにつけ,マウスコンピュータだけじゃねえなって感じがするのは私だけでしょうかね。

 ちなみに,出願ではなく私のメインの仕事でもある知財の訴訟で比べてみると,「中国が年間13万件,日本は年間500件と,比較にならない」らしいです。対中国で見ると,3桁!も違うので,何と0.4%くらいの比率です。

 いやあ中国に行った方がいいかもしれませんねえ,いろいろと。

 この記事は,渋谷さんの記名記事ですが,「現実を直視し抜本的な手を打たないと,彼我の差は開くばかりだ。」と締めくくっております。

 特許に頼るなんて店じまい前の,即席トロールだけだよ~って話もあります。例えば,私が元いたソニーも,βとVHSでの争いに負けた後,VHSでも使える特許からのロイヤリティでかなり美味しかったということですからね。

 ですが,元気な子供は股間も元気~♪(by所ジョージ)なわけですよ。そういう所からも攻めていかなきゃダメだと思いますよ。

 いやあ別にいいのです,日本は従来とおりのこんな感じでいきます~と知財の裁判官やら立法担当者やらが思うのであれば,私も本格的に仕事替えを考えないといけません。本当にそろそろそんな感じがしますね。

3 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士散歩のコーナーでございます。
 本日はここ日比谷公園に来ております。
 
 弁護士会館と検察庁の建物をバックにです。
 何か五反田より早いなあって感じでした。
 
 ここは,斜向いが経産省の交差点の近くですが,さらによく咲いていました。今週末,満開になるというのもそのとおりかもね~って感じです。

 で,今日は珍しく,本当に珍しく知財高裁に行ったので,その途上の写真でした。
 その後,五反田に帰ってきましたので,目黒川の様子です。
 
 これは御成橋から上流方面を撮ったものです。
 
 他方,これはいつもの山本橋からです(下流方向)。つまり,上記の2つの写真はほぼ同じ所の左右逆な様子なわけです(山本橋の隣の橋が御成橋)。

 こう見ると,日比谷公園よりは咲きが遅いですが,木によってはもう2分咲きくらいのものあります。
 まさかこんなに早く・・・みたいな感じか知りませんが,散歩をしている人は思ったより少ないですけど,今年は早い!ボヤボヤしていると良い時期はすぐに過ぎてしまいますよ~。

 
  
 
PR
1 この時期の金曜日の飲み会~となると・・・送別会ですね~。
 私の事務所は一人事務所だし,弁護士会等の会務活動は,皆無活動ですので,今の仕事関係で送別会に行くことはありません。恐らくこれからも。

 ということで,やはり今回もソニー時代のエンジニアのころの方の送別会です。あ,同じソニー時代と言っても知財部時代の人の送別会とかには呼ばれないですねえ。呼ばれるほど親しくないからです,単純な話。

 ともかくも,いつもは本厚木なのですけど(私がソニーに勤めていたのは,ほぼ一貫して厚木第一テックでしたので。),今回は海老名でした。

 となると,分かりますよね。このブログで一番出現している企業は,ソニー以上にジャパンディスプレイだと思うのですけど(例えばここ),それはそのままエンジニアを続けていると恐らくそういうキャリアだったかなと思うからで,さらにそれ以上に親しい方も多いからですね。

 で,そのジャパンディスプレイの事業所の一つが海老名にあるのです。なので,場所が海老名というのはそういうわけでした。

2 今回の送別会の主役はHYさん,通称Yさんですね。

 Yさんは,5年前に送別会に行ったMBさんと同じ部署で(そのMさんも昨日来ておりまして,Yさんの入社時のエピソードで,何かモヤシみたいなやつが来たと相変わらずの発言をしておりました~ハハハ。),私の担当していたタイプの設計がYさんになることが多く,厚木から国分からもう入社のときから私が知財部に異動するまで,ずーっとお世話になったという感じです。

 で,そのころのメンバーというかソニー時代の人が沢山来ており,実に楽しい会でした。合計で20名くらいは来てたかもしれません。
 上記に書いたとおり,ジャパンディスプレイを一昨年辞めた私の同期(90年入社ですね。そう言えば私って同期が3つあります。なかなか稀有な経歴です。ソニーの同期入社,弁理士の同期合格,司法修習生の同期です。どの3つとも結構ずーっと交流がありますな。)も来ており,結構な大手で働いていることもわかり,非常に良かったです。 他のもう一人の同期のやつも来ており,これまた久々で,実に貴重でした。

 ま,ジャパンディスプレイは色々あるらしく,去年の夏くらいから,私の関係の深かった方が相次いで辞めたのですね。ねーたくちゃん。
 なので,次の送別会はちょっと上のYさんの年代ではなく,私の同期くらいになってしまうのかなあという感じです。

 まあしかし,本厚木よりは多少マシですが,海老名も遠い~。ただ,横浜回りで行くと,相鉄が空いてたりするので気分的には楽ちんな感じがしました。とは言え,相鉄に乗ったのも10年以上ぶりでしたけどね。
 ま,エンジニアを辞めて20年,それでも呼ばれるのは幸せなことですので,多少遠くても馳せ参じますよ~。

 ほんで,勿論海老名で降りたのも,10年以上ぶりで,ビナウォークはそのころからあるものの,他に結構おニューな施設が沢山出来ておりびっくりしました。私がソニーに通っていたころは,小田急の窓から広大な田んぼが見えてたりしたのですが,隔世の感がありますね。

 さて,Yさんはジャパンディスプレイで結構なお偉いさんになっておりますので,次は引く手あまたのようで,どうしようかな~と迷い中のようでした。ま,どこ行っても大丈夫でしょう。とりあえずは,一旦お疲れ様でした。

3 追伸
 本日,ついに東京で桜開花だそうです。やはり,木金の雰囲気からすると,20日の予測日までに開花しちゃうだろうという私の読みとおりです。

 ということで,来週は目黒川の桜が沢山このブログに載ることと思います。
1 夕方夜くらいから冷えるということでしたが,まだまだ暖かい東京です。ちょっと雨が降っております。
 
 さて,私のやるセミナーまであと1週間です。
 普通もう1週間前だとこんなことも書きませんが,ちょっと理由があります。

 実は,セミナーの受講者が伸び悩んでいるらしいです。主催者から1週間前ということで,申し込み具合を示すメールが来たのですが,想像以上の不人気ぶりです。ビジネスモデル特許のセミナーとは大違いですなあ~ハハハハ。

 ま,講師自身が,本見りゃ分かるのに,なんでセミナーまでやる必要があるのかなあと思うくらいですから,お客さんの立場だと尚更そうでしょうね。
 勿論,そんなことは企画する前からうっすら分かってはいたのですが,ねえ~,私って基本エキセントリックな感じですから,自分の感覚と他人の感覚がズレている~♪ことは多いのですね。

 なので,あんまりニーズがないと思うのだけれど・・・そんなもんなのかね~と思って安請け合いしたわけです。

2 なので,迷っている方は是非どうぞ。
 3/23の金の午後一杯,大田区の京急蒲田駅近くのpioでやります。
 ご興味のある方はこちらからです。

 で,そんな不人気セミナーに来て頂いた方には漏れなく特別付録を差し上げます。
 勿論,私のこの本じゃないですよ。そんなの買っている人が来るのでしょうし,買っていなければ巷の本屋で買えばいいわけですし。

 そうではなく,非売品の特別付録~というわけです。

 来ていただいた人にはお楽しみに~ちゅうことで。

3 あ,そうだそうだ。
 今日午前中,久々横浜地裁に行ったのです。

 そしたら,何と地下の食堂が潰れて無くなってました。ガーン。
 代わりに弁当を売っていた人に聞くともう1年以上も前の話らしいです。

 ま,私は横浜修習ではあったのですが,現在,五反田に事務所があるとおり,基本東京地裁がメインです。さらに言うと,東京地裁の知財部と知財高裁ですかね。

 横浜地裁での事件が今まで全く無かったわけではないのですが,数年に1ぺん程度です。元々事件数の少ない負け組弁護士ですから,ちょっと離れた裁判所だと尚更行くことはありません。
 弁護士になってからでも,千葉地裁もさいたま地裁にも行ったことないですね~。

 兎も角,そこにあると思っていた食堂がないというのはショックです。修習のころは,周りに食堂がたくさんあったし,弁当を食べることも多かったので,滅多には行かなかったのですが,また一つ思い出の場所が消えたのですねえ。
 横浜地検の地下の食堂はまだあるのだろうか??

 あ,あと,所持品検査も出来てました。こういうのは隔世の感がありますねえ。

 ま,久々だといろんな発見があるということでした。
1 花見の季節というと,この近くの目黒川も有名です。
 ということで,本日の目黒川~♪ということで流浪の弁護士,散歩のコーナーの特別編にしましょう。

 
 まずは,いつもの山本橋です。今日は昨日よりも暖かい感じで絶好の散歩日和です。目黒川沿いを散歩しているリーマンの方々もたくさん居ましたね。

 
 で,その桜の近接写真です。遠くのボートは浚渫関係だと思います。

 火曜のアマゾン近くでは,ピンク色を見つけるのに苦労しましたが,今日はかなり簡単にピンク色を見つけられました。
 なので,土日のうちに開花するのではないかと思いますね。むふふ。
1 本日は特段更新する予定も無かったのですが,やはりこの話題は避けて通れないでしょう。
 ご冥福をお祈りします。

 ホーキング博士というと,現代で最も有名な物理学者と言って良いのではないかと思います(誰か他に知っている人いますかね?)。ノーベル賞はもらっていませんが,近時のノーベル賞受賞者よりも高名だったはずです。

 ノーベル賞をもらっていないのは理由があり,その理論が観測や実験で確かめられていないからですね。いまだ発展途上にあると言っても良いでしょう。
 ヒッグス粒子みたいに,若い頃の革新的理論で,実験がとても追いつきそうもなかったものでも,理論の提唱者が長生きして,しかも実験が追いついた場合には,ノーベル賞ももらえるというわけです。

 まあでもノーベル賞取るだけが能っちゅうわけでもないですし,それはそれで良かったのかもしれません。

 とは言え,私,ホーキング博士の著作は全く読んだことがありません。日本でも「ホーキング宇宙を語る」が凄くベストセラーになったわけで(確か100万部以上売れたはず),それからホーキング博士は有名になったわけです。

 ですが,丁度そのころ,私は物理学者になる夢を諦めたころでありまして,物理学の話なんかとても心が痛くて読めないころでした。
 私は弱い人間ですので,そのトラウマから脱して漸く物理学の本を読めるようになったのは,ここ数年のことだと思いますよ(少なくとも司法試験に受かってこっち)。

 ホーキング博士の人生は山あり谷ありと思いますが,ずっと物理学者でいられたのは羨ましい限りです。いや本当。

2 そのついでと言ってはアレですが,実は昨日,大学時代(東工大ね)の陸上部の2つ上の先輩が上京して飲み会やるというので,久々,集まりました。

 中には30年ぶりくらいに会う方もいらっしゃたのですが,皆さんあんまり変わって無かったですね。むしろまさに人生山あり谷ありだったのは私の方で,そういう意味もあって一番変わっていたのは私だったのかもしれません。

 ということで,非常に博士率の高い飲み会だったのですが,理学と工学の違いや,今流行りの量子コンピュータの話など,弁護士の集まりではとても話さない(弁理士の集まりでもそうかな。),濃い話題もあったりして,非常に面白い飲み会でした。

 まああの頃は,マジに物理学者になりたかったわけで,そういう意味でも今日は何かの縁というか運命というかそんな気もします。

 さらに,週末は,今度は夢破れてからのエンジニア時代にお世話になった方が退職されるということで(もうそんな歳なのですねえ~。),ちょっと離れた場所での飲み会に参加~♪という予定になっております。
1 ここでもかなりツッコミを入れたFRAND特許のライセンス交渉ガイドラインについて,漸く案がまとまったらしいです。

 特許庁のサイトだとこちらですかね。

 中身は既に見ましたが,別に悪くない内容だと思いますよ。
 しかし,本当にこんなのが必要な会社(結局のところ,大手企業)は,自分のところで良い弁護士を雇うことが出来ますので,別に要らんちゅう気がしますけどね。

 あと,私がここでdisたように,何故お前がそんなものを出す?ということに対する答えか何か知りませんが,「法的拘束力を持つものではなく」「これらは、規範を設定しようとするものではありません」「基礎的な情報を整理したものであり」などとあり,まあ,昨今の財務省の問題~なんかを横目で見ながら,責任が自分の所に来ないようにインデムするなんて,かわいいというかいじらしいというか,所詮小役人だなあという感じです。

 私の基本的なスタンスは変わらず,こんなのは不要だとは思いますが,有害!とまでは言えないでしょうから,必要と思う方は利用するとよいのではないかと思います。
 30p少ししかありませんので,ちゃんと読んでも30分かからないと思いますし。

 あ,あと,「これとの関連で、日本の特許庁は、特許発明の技術的範囲について審判合議体が法的拘束力のない見解を示す制度を有しており、特許発明標準必須性に係る判断を行う新しいサービスを2018年4月から開始します」とのことですが,こんな宣伝要りません!

 意見募集は,4/10までですので,好事家のみなさん,是非提出してあげてはいかがでしょうか。

2 追伸
 毎度おなじみ流浪の弁護士,散歩のコーナーでございます。
 本日は,ここアマゾン日本本社近くの目黒川岸に来ております。
 
 ヒメグマ!がポイントではありません。そこの先の桜の枝に注目です。解像度が悪くて申し訳無い所ですが,既にピンクの色が見えます。
 結構眺めたあげく,この木のこの枝だけと言って良いくらいですが,もう木の芽じゃないですね。蕾です。

 東京の桜の開花予想はちょうど1週間後の3/20らしいですが,もう今週末にはチラホラ咲く所があるのではないかと思います(開花宣言の要件は結構厳しいですからね。)。

 散歩も今日は汗が出るほどでしたので,いよいよ春本番って所です。
1 何にせよ,振り幅の広いのが,このブログですのでねえ,こんな内容でもよいのではないかと思います。

 首記は,毎年この時期に公開されているドラえもんの映画の最新作です。

 で,この週末に見てきたのですが,いやあびっくりしました~。超面白かったです。

 どんな内容か,一言で言うと,エヴァンゲリオンだったなあって所でしょうか。
 と言ってもエヴァンゲリオンはもはや色々ありますので,そのうちのどれかという話にはなるのですが,「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」ですね。

 でも,勿論,ドラえもん的ハッピーエンドですけどね。

2 それ以上の詳しい内容は,まだ公開されて2週目ちょっとなので,やめておきます。ネタバレすると面白くありません。

 ですが,今回,結構な面白い話になった理由を探ると,やはり脚本ですかね。

 今回の脚本は,川村元気さんですね。知っている人は知っていますねえ。
 有名所では,「告白」の企画,そして「君の名は」の企画・プロヂュースとかです。その他,今の邦画のヒットしたほとんどのものにはこの人あり,ってことで外れのない人ですねえ。

 で,今回は,脚本ということで多才ぶりが際立つのですが,本来,本籍地はこっちの方なのかもしれません。いやいや凄いです(実はこれが脚本デビューらしいですけど。)。

 あと,音楽がいいですね。星野源がテーマをやっているのですけど(それも川村さんのご指名らしいです。),これはエンディングにかかるだけです(どどどどどど・・・のやつです。)。
 ですが,その前にやはり星野源の,泣かせる曲がかかり(ここにいないあなたへ),それが良かったかなあという感じです。

 元々,映画のドラえもんって,スキマスイッチのボクノートなど,その時の旬な人に依頼しているので,テーマに良い曲が使われている例が多いのですけど,それにも増して今回は素晴らしいかなあと実に思う所です。

 子供向けだろ~みたいに思う人は多いと思うのですが,何事も制約を自分で設けるのはつまらんつまらん(私はよく設けるのですけど。)~♡見に行って損はないと思いますけどねえ。でもオッサン一人で見に行くのは・・・。

3 ドラえもんはここまで。
 先週R-1があったので,その話を。

 優勝は濱田裕太郎ということで,まあ決勝の3人だとそうでしょうね。
 おぐのネタは予選のに比べて全くちっとも笑えませんでした。だって,女子高生がハゲのオッサンになったら,悲惨で笑えますけど(これが予選のネタ),ハゲのオッサンが女子高生になっても悲惨でもなんでもないので,全然笑えませんわ。
 
 また,ゆりあんレトリィバァって私面白いと思ったことが一度もなく,どうしてアレでテレビに出ているのかさっぱりわかりません。
 
 なので,あの3人だったら,濱田裕太郎で致し方なしって所です。でもねえ,かなりカミカミの決勝だったし,レベルが低かったので,これで優勝って感じでしたなあ,実に。

 個人的に一番面白かったのは,チョコレートプラネット 長田のジェットコースターのネタですわ。あれはバカバカしくて最高でした。
 ディメイティッドって何じゃ~♪あーあ思い出すだけで今も笑えます。

 実は,ゆりあんレトリィバァと同じ組で予選は同点だったのですが,視聴者ポイントの高かったゆりあんレトリィバァの方が決勝に行ったのですね(こういうときに売れていると有利ですわ。)。

 芸人は笑わせてナンボですので,凄えとかよくやったなんか思わせなくて結構,腹を抱えて笑いたいもんです。
 そういう意味からすると,今年のR-1は相当物足りなかったですね。
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
7
8 11 12 14
15 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーのエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。次は何かな。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]