忍者ブログ
知財,特に特許を中心とした事件を扱っている理系の弁護士の雑記帳です。知財の判決やトピックについてコメントしたいと思っております。
1 首記は,本日あった弁理士会の研修です。その名の通り,IoT関係の審査基準に関する研修というわけです。

 講師は,特許庁の審査第一部調整課審査基準室の藤崎詔夫係長でした。

 私も近頃,この辺(ソフトウエア関連発明)に関する仕事が様々ありますので,知識を仕入れに行ってきたわけです。

 ま,とは言え,資料はすでに特許庁が開示しているものです。
 ですので,一通り読んではいたのですが(相変わらず,勉強熱心でしょ。),自分だけで読んでいるとわからん所も多いのですよ,本当。

 なので,こういう研修があるといいですね。お陰様で23個ある事例の殆どは理解できました(14番めの事例など,自分で読んでいるだけだとさっぱりわかりませんでしたからね。)。唯一まだ理解できないのは,17番目の事例ですかなあ。

 で,こういう話題のためか,会場の弁理士会の3Fの大会議室が超満員でした!最近,研修もお金のセーブのため,よっぽどのことが無い限り外部会場を借りるということはありません。なので,キツキツでした。

 まあでも満員というのは,私はいまだ弁理士会研修所の運営委員をやっておりますので,悪くはないかなあという所です。

2 で,その弁理士会の研修所の運営委員も遂に最後の任期になりました。
 弁理士会の委員は,継続による弊害を防止するため(ちょっと前,国際関係の委員会で,一部委員による,不透明で偏頗な外国出張があったのですね。),任期の限度があるのです。

 そのため,各委員会によって違うのですが,研修所の運営委員は,2年一期で,4期8年が最長になっておるのです。なので,私は8年目になり,今年が最後のご奉公ってことになります。

 で,最後のご奉公ってことで,ちょっと教条的なことを書かせて頂きます。いつもとは全然違います。

 それは,研修の無断欠席は厳にやめて頂きたいということです。

  上記のとおり,人気のある研修は,本当満員になります。そして,そういう研修は,申込み20分程度で申込みも打ち切りになります。ああ,出たかったのに~という先生方が沢山居るわけです。
 にもかかわらず,無断欠席~♪ぶちくらっそ,こりゃ~,そん先生に譲れちゅうんじゃ,ボケ!ってわけです。

 いやいやいやいや,こっちも譲りてえんが,譲り方がわからんのじゃ,ってこともあろうと思います。
 なので,教えてあげます。

 研修所の研修の申込み画面に,便利なものがあります(URLは弁理士ならわかるでしょ。)。

 
 これは,次回私の行く研修についてですが,この(申込キャンセル)を,欠席が決まったときにクリックしていただくだけでいいのです。
 そうすると,席が空きます。残席が増えるのです。
 ですので,ああキャンセル無いのかなあと惨めったらしく見返した先生が居る場合などには,リベンジ申込みができるかもしれないのですね。

 なので,是非よろしくお願いします。
 こういうシステムがあることを意外と知らないかもしれませんので,ちょっとマジ系でらしくないのですが,周知した次第です。

 本当によろしくお願いしますよ。

3 追伸
  そう言えば,昨年電撃的にアメリカのWWEに移籍した中邑真輔ですが,漸く一軍に上がってきましたね。

 同時期に移籍したAJはWWEチャンプになるなど大活躍し,新日ではジュニアだったプリンス・デヴィット(フィンベイラー)も中邑真輔よりずっと早く一軍入りするなどして(その後怪我で長期欠場しましたが。),結構腐った時期もあったのではないかなあと思っていたのですが,やっとです。

 先週のThis Week's WWEでそのスマックダウンでの初登場の模様が大写しで見れました(ユーチューブとかにはとっくにアップされてましたけどね。)。いやあ久々,いいねえ,真輔,滾ってるねえ,クネクネしてるねえって所でした。

 大きな試合に絡んでくることを願っております。
PR
1 大体私の行く送別会というと,ソニー時代の方々のものであり,大体それは本厚木で行われるものでした。

 で,昨日ソニー時代の方の送別会にまたまた行ったのですが,今度は五反田でした。おお珍しい~。私は近くて良かったのですけどね。

 今回はソニー国分でお世話になった方でした。
 まあここでときどき書いているとおり,私は昔LCDのエンジニアだったのです。駆動のTFTを開発するのが仕事で,しょっちゅう国分に出張していました。そのころの私がどういう生活をしていたかは,この辺を見るといいですかね。

 そのころは私の人生で最も働いたころだと思います。弁護士になってからなんて,いくら働いたって言ってもそのころ以上のことは全く無いですもんね。
 だって,今は私にとっては趣味みたいなもんです。特に特許のことは本当何年経っても飽きずに面白いもんですからねえ,好きでやっているだけ~のことが多いですわ。

 でもそのころのエンジニア時代はちょっと違います。まさにTHE仕事でした。なので,そのころ一緒に仕事をしていた人達は,同僚というよりも戦友って感じに近いと思います。

2 今回のHさんは,主として測定関係に従事していたのですね,そのころ。私はデバイス・プロセスエンジニアだったので(所謂前工程ですね。),うまく出来たかは測定してみないとわかりませんから,よくHさんの所へ行ってました。

 そのHさんがこのたびSCKを退職されたというわけです。そしてエンジニア時代の知り合いも多く集まるということで,出席したわけです。

 LCDから知財部に異動したのが,1998年なので,もう本当20年近くになるわけです。ところが,昔のように,大騒ぎして,楽しめたというのはいいですね~。
 理系出身の弁護士も最近は多くなっていますが,本当に現場出身の人ってまだまだ少ないと思います。当時はなかなか辛いことも多かったのですが,今となれば役に立つこともあるなあって気がします。

 まあ今現在辛い思いをしている人も多いと思いますが,ま,そのうち何とかなりますよ。私のように,ね。

 あと,今回,私は非常に便利だったのですが,飲み会参加者の多くが,厚木周辺在住者でした。なので,解散が非常に早かったですね。それがちょっと残念でしたかね。
 とは言え,この辺痛し痒しです。厚木でやると私が早めに帰らないといけないですからね。

 ともかくも,Hさん長い間お疲れ様でした。
 

1 首記の本は,まあ何と言いましょうか,一言で言えば,日本の企業知財部の歴史~♫って感じの本です。

 有斐閣のそんな感じの本というと,ここでも紹介したが思い浮かびますが,ちょっと違います。
 清水先生の本は,技術とイノベーション,そちらに重きがあり,研究者・技術者の話がメインです。ところが,こちらの本は,知財部(当時はそんな名前じゃありませんけどね。)の話がメインなわけです。

 ですので,非常に勉強になりました。で,面白かったですね~。私も企業知財部出身ではあるのですが,知らない話ばかりでした。

 なので,企業の知財部員,弁理士,そして特許をやっている弁護士もこれは読んだ方が良いと思いますねえ。字だけで300pくらいあるので,かなり大変ではあるのですが,それだけの価値はあるし,読みやすく,何より面白いですからね。

2 この本で述べられているような,何かの歴史というのは重要なんだという思いが私にはずっとあります。そして,それはニーチェに由来します。

 大学時代に,ハイデガーやカントなど,有名どころの哲学者の書いたものを色々読んだのですが,さっぱりわかりませんでした(勿論日本語の翻訳のやつ。)。まあ今から思うと,法律と同じで,日本語で書いてあるからと言って,即理解できるものではないという所でしょう。

 しかし,唯一分かったのがニーチェで,「道徳の系譜学」と「悲劇の誕生」は実に良く分かりました。これらの共通点は,歴史~何かの立ち上り~を書いているということですね。まあニーチェがもともと文献学の専攻だったからでしょうね。

 で,これらから,特に「道徳の系譜学」から分かったのが,キリスト教というのは,単なる貧乏人のヒガミが出自であるってことでした。なので,キリスト教から生まれた人権だとか民主主義とかいうのも,まあ,キリスト教がパイオニア発明だとすると,改良発明や派生発明程度なものということになりますなあ。

 それが普遍的価値だなんて,どうかしてますわなあ,出願報奨3等程度なものなのに~,ムホホホ。

 おっと,話題が盛大に逸れていますか~。元に戻しましょう。

3 著者は,特許制度にも知財部にも全く思い入れが無いようなので,そこがいい味を出しています。しかも,題材が,要するに東芝なのですね。

 まず,日本での最初の知財の管理は,東芝の源流の会社の一つである芝浦製作所だということです(1912年)。日本では漸く知財管理が始まって100年少しということでしょうか。

 さらに戦前の特許の争訟のフィーバーぶりです。1930年代って今よりずっと権利行使が盛んで,業界が賑わっていたこともわかります。ベンチャー企業が勃興し,既存の大手と争いになり・・・構造主義的様相ですね。

 で,一番びっくりしたのが,重陽会の歴史です。重陽会って何じゃ?ってことでしょうが,これはアレですよ,今でいう日本知的財産協会,知財協のことです。

 これがどうして出来たかというと,上記のとおり,1930年代はガチンコでの権利行使が盛んだったわけです。
 ところが,それって疲れるでしょ,何でもそうですが~。カルテル結びたくなるよねえ,ナアナアでやりたくなるよねえ。で,当時の重電のメーカー4社が特許カルテルを結んだのがきっかけになったようです。
 
 しかも当時,弁理士会でインハウスを禁止しようという動きがあって,その反対運動でも,上の4社のインハウスの弁理士が主要な役割を果たし,この重陽会のきっかけになったというのですね。

 特許カルテルと企業内弁理士,この2つが知財協を産んだという,何ちゅう現代的な話なんでしょう,って感じです。

 この21世紀になっても,日本では特許訴訟が活発ではありません。それについて,訴訟を好まない日本人の気質だ~とかよく言われますが,こうやって歴史を振り返ると,そんなの全く的外れだということがわかります。
 ある時点までは日本でも活発だったのです。そうじゃなくなったのは,そんなことよりも低コストなやり方を見つけただけなのですね(今は,独禁法がありますからね。フフフ。)。

 というような感じの話がこれ以外にもたくさんあります。どうですか?ちょっとは読む気になったんじゃない~♡。

 そりゃあ特許などに興味がないと辛いかなあとは思いますが,系譜学的に実に面白かったわけです。特許を仕事でやっている人は是非読むことをオススメしますね。

 で,この本を何で知ったかというと,日経かと思ってたら,違うようですね。「週刊エコノミスト」3/14号の書評のようです。立ち読みしただけだったのですが,意外とそういう所で掘り出し物?がありますなあ。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 5
7 8 9 12 13
14 17 18 20
22 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
iwanagalaw
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士
趣味:
サーフィン&スノーボード
自己紹介:
理論物理学者を志望したのはもう30年近く前のこと。某メーカーエンジニアを経て,弁理士に。今は,弁護士です。
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]